歌才ブナ林の落ち葉で感じる秋(2013.10.26)


『歌才ブナ林』でいつも写している落ち葉。
この落ち葉撮影をすることで、かなり秋を実感することができるのです。
中央の鮮烈な黄色がアクセントとなっている、つもり(笑)。




遊歩道を構図に入れて『ブナ』の黄葉を撮影した一枚。
横構図だとこのような森の広がり感を味わうことができますね。
広がり感を出すには、奥に続く遊歩道を構図に入れることが重要。




対して、縦構図だと木々の伸びやかさと、樹上に続く黄葉を楽しむことができます。
同じ撮影ポイントでも、縦構図と横構図で印象がかなり変化するということですねー。
写真って本当におもしろいと思います。



さて、私、昨日は風邪をひいたようで、かなり具合が悪くなっていました。
仕事をしていても頭痛、喉の痛み、咳などなどでグッタリ。
昨夜は就寝前に市販の風邪薬を服用してみたところ、今朝はかなり回復しました。
これならば任務遂行が十分に可能であります。
風邪、流行っているようなので、皆さんも気をつけて!
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

mori さんの投稿…
黒松内のブナ、いい感じですね~。
私は黒松内でドンピシャになったことないので
うらやましいですー。
木々も、地面の落ち葉もきれいですね!
週末の3連休にチャレンジしようなか~。

下の記事のかたつむりくん、真っ白っていうか
クリーム色ですね。
こんなに白いかたつむりは初めて見ました!
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

黒松内町、いいですよねー。
町並みが綺麗で大好きなところです。
ブナの色づきは5~6割といったところでしたが、その他の木々の紅葉が最盛期で、森の色づきのバランスは最高でした。
ブナだけを考えると、次の週末が最高潮かも知れませんよー。
行ってみてくださいな。

カタツムリくん、そうそう、殻がクリーム色だったのです。
寒い季節の生き残り。
もしかして、自分は森の妖精でも見ていたのかな?
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

札幌市 大通公園&赤レンガテラス ホワイトイルミネーション

海さくら元町店で乾杯(初冬に桜咲く)

就寝前の「龍角散」とは

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

半月湖ぶらぶら