ニセコ 鏡沼で見かけたシジミチョウ


まだ咲ききっていない『エゾオヤマリンドウ』の花にとまった『シジミチョウ』。
よほどお腹が空いているのか、小さく開いた花の隙間から蜜を吸っていました。
きっちり咲ききるのなんて、悠長に待っていられないのでしょうねー(笑)。
まあ、私もお腹が空いたら黙っていられないので、人も蝶も同じといったところでしょうか。



さて、木曜日となりました。
毎晩、飲んでいるハチミツたっぷり、ミルクたっぷりのミルクティーのおかげなのか、腰痛もほぼ改善されました。
えっ?ミルクティーは関係無いだろうって?
いえいえ、自分的には、これは薬だと思っているのです。
牛乳の持つタンパク質、カルシウム 、脂肪、必須アミノ酸と、ハチミツが持つ糖分と若干のミネラル、そして紅茶の持つカフェインとタンニンによる味わい深さ。
これらが体を元気にしてくれて、腰痛も早く治ってくれると思っています。
でもまあ...これは...やはり、自己暗示ですね(笑)。
(^_^)



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんばんは。
パッと見が花の写真なので何がシジミチョウって思ったら...いますねぇ(^^)。
しじみ貝の模様に似ているからシジミチョウっていうんでしょうか?

時にこの花、花が数段に渡って付いているのでエゾリンドウではないかと...
私も花はそれほど詳しくないですが、昔、何かで読んで覚えてました。

腰痛も治りつつあるんですね。良かったですねぇ。
病院でくれる沈痛剤も痛みを和らげる効果しかなくて、
結局は自然治癒を待つだけということらしいですから、
それで痛くなくなるならミルクティも立派な薬じゃないですか~?
ああ、でも無理は禁物でね(^^;。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんは。
アハハッ。シジミチョウ、小さくてすみませーん!
なんかこんな写真になっちゃったのですよねー。
撮影に際して、シジミちゃんがチョロチョロと動き回ってなかなか手強かったのです。

花はエゾリンドウなのかも知れませんねー。
名称の特定は難しくて、ほとんど山勘な感じです(笑)。

腰痛、なかなか手強いですが、今回は恐ろしく順調に推移しています。
どうも、こういう病気系をすると、栄養のあるものを自然と摂取するのですよ。
体が求めるというか、なんというか。

はい。無理は禁物ですよね。
でもなー、秋は待ってくれませんから~。
普通に山に出動するような気もしています。
大丈夫か?ってーの!(笑)
(^_^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)