野中温泉から雌阿寒岳・阿寒富士を経てオンネトー湖へ(雌阿寒岳編)


2013年8月4日(日) 8時、『野中温泉』から初めて、且つ念願の『雌阿寒岳』登山を開始しました。
前泊した夜は星空が綺麗でして、天然のプラネタリウムを堪能したのですが、それは別編の記事にしたいと思います。




さて、ここを訪れてみて最初に感じたこと。
それは、この山の森はなんというか、良い表現が見当たらないのですが、森の深さや濃さ、伸び伸びと木々が生長している感じがとても素晴らしいということでした。
『いい山だなぁー。いい森だなぁー。』 何度もそう思いながらの登坂です。




遊びで撮った一枚。木の根本に苔の布団。
苔に反射している太陽光が好天を示しています。




2合目あたりだったと思います。
目立たない場所にひっそりと『ギンリョウソウ』が咲いていました。
もうとっくに花期が終わっているものと思っていたのですが、この場所は違うのですね。




4.5合目あたりまで登ってくると、遠くに『オンネトー湖』が見えてきました。
独特の色合いが素晴らしいです。




オンネトー湖が見えるあたりまで登ると、『イワブクロ』の花もよく見かけるようになってきました。
ここから先にはたくさん咲いていて、登坂の苦しさを目で癒してくれました。『ありがたや、ありがたや。』




辺りに『イワブクロ』が見られるようになったら、同時に『メアカンフスマ』も見かけるようになりました。
この花は、私、もしかすると初めて見たのかも知れません。
『イワブクロ』同様に、この先ではたくさん咲いているのを見ることができました。




6合目には9時40分頃に到着です。
確かこの時、一瞬ですが見たことがあるような人が目の前を高速に通過していきました。
『えっ?Memuro512さん?ちょっと似ていたなぁ...でも、まっ、まさかね...』
そう思っていたら、やっぱり当ブログにリンクしている、"Memuro512"さんだったのですねー!
いやはや、"Memuro512"さんの下山は速かった(笑)。




7合目を過ぎた辺りで、『メアカンキンバイ』と『メアカンフスマ』のコラボ撮り。
本場の『メアカンキンバイ』ですよ。この山で見るこの花こそ、『メアカンキンバイ』だ。
なんて思いながら撮影。ついでに呼吸も整えます。




頭上を見上げると山頂が近くに見えます。
あと少しのように見えますが、まだ時間がかかります。




こちらは『ヒメイワダテ』ですね。まだつぼみのようです。
咲いたら可愛いだろうなぁー。




こちらは『マルバナシモツケ』でしょうか。
すっかり咲き終わっている個体、満開の個体、このように咲き始め中の個体など、色々な状態の個体が見られました。




9合目を過ぎると如何にも火山な風景が眼前に飛び込み、向こう側には『阿寒富士』が望めるようになってきました。
この火口には迫力を感じずにはいられません。凄い!




10時20分、『雌阿寒岳』の山頂に初めて立つことができました。
『青沼』と火口噴気に『阿寒富士』。素晴らしい光景ですー。うーん、感動!




『阿寒富士』の反対側には、『阿寒湖』と『雄阿寒岳』が見えています。
いやはや、この風景もまた感動なのでありました。
そして何よりも、『晴れてくれてありがとう!』 そう思わずにはいられませんでした。




空と雲が写り込んだ『青沼』と火口噴気をアップにて撮影。




『雌阿寒岳』では写真撮影を少しおこない、それが終わるとすぐに『阿寒富士』へ向かいました。
『雌阿寒岳』の山頂は大賑わいだったので、ちょっと落ち着かなかったという理由もあったりして。




10時55分、『雌阿寒岳』から『阿寒富士』へと向かう急斜面を降下中。
この下りは斜度がきつく、気を抜く足下が滑り転びそうになります。要注意な下りです。

それでは、続きの『阿寒富士編』へと向かいます。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

コメント

Memuro512 さんの投稿…
やっぱりすれ違ってたんですか。
でも、全然気付いてませんでした。いや、申し訳なかったです。
この日は久々の山歩きで、テンションが高かったもんですから、
ついつい下山は走ってましたね。(笑)
それにしても天気良かったですよね~。
続き、楽しみにしてますんで。
隊長 さんの投稿…
Memuro512さんへ。

こんばんはー。
はい。どうやらMemuro512さんとすれ違っていたようです。
私も声をかけそびれちゃいました。
下山、凄く快調そうでしたよぉー(笑)。
(^o^)
スズ さんの投稿…
スズです。こんばんは。
隊長さんが雌阿寒岳を未踏だったとは思いませんでしたが、
未踏コースの新鮮感とドキドキ感は何とも言えませんよね。
レポートにもいつもより、よりいっそうの気合いが感じられます(^^)。

ちなみに私もここは登ったことありません。
行きたい行きたいと思いつつ、毎年行かず仕舞いなので何とか今年は...

本場のメアカンキンバイもいいですね(^^)。
やっぱり行くならこの花が咲いている内にってことですか...
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはーです。
はい。ここは未踏峰でした。
久しぶりの未踏峰は冒険心をかき立てられて本当に良かったです。
最近、ちょっと気合いの抜けたレポが多かったので...(笑)。

スズさんも未踏峰なのですね!
やはり遠いですよねー。道東の山。
でも、高速道路を使うと4時間程度で行けることが判明しました。
気合いを入れると日帰り登山も可能だと思います。
かなり疲れそうですけれどねー。

はい。本場のメアカンキンバイ、最高!
なんと言っても雌阿寒のメアカンキンバイですから(笑)。
ここは紅葉の季節になると、滅茶苦茶混雑するそうなので、静かな山歩きがしたいのであれば、夏場が狙い目かも知れません。
とか、地元の人が言っていましたよー。
私もそれを聞いて納得しました。
(^_^)
aki さんの投稿…
ご無沙汰してました~
春の怒涛の忙しさのあと、うだうだしたり・・・夏の東京の計画したり・・・
ネットショピングしたり・・・うだうだしたり(←結局、コレが一番多い?(^_^;))
今年はちょっと少なめだけど、山も行ってるのですが
ブログも溜まってしまうと、ついつい億劫になってしまって、サボってしまってました~(^_^;)
毎回読み逃げ!?でしたが隊長さんのブログ楽しんでましたよ~♪
(って、とってつけたような言い方ですが^^;)

雌阿寒岳~阿寒富士、満喫できたようで\(^o^)/
いいですね~♪
登山口からいい感じの混合樹林から始まり
火口の景色に青沼に阿寒湖に雄阿寒岳、森の中のオンネトー。
景色がダイナミックで飽きないですよね~
そして、おぉ!メカンキンバイにメカンフスマ♪
やっぱり、この花はここで見なきゃですね(笑)
私達の時は強風で外輪から野中温泉に下るルートを断念しましたが
そうですか・・・・逆回りは高低差がキビシー!のですね(笑)
隊長さんのブログを見て、ぜひ来年はメアカンシリーズが咲いてる頃に行きたいと思いました(^_^)/
あ、逆回りでね(笑)

P.S
紅葉登山もタイミングによるかもしれませんが
それほどまでは激混みではないかと?
(昨年行った時は紅葉ど真ん中。よい天気でしたが、それほどではなかったです)
機会があったら今度はぜひ紅葉期にも♪^^
隊長 さんの投稿…
akiさんへ。

ドモドモ\(^_^。
こちらこそご無沙汰をしておりましたぁー!
そちらは仕事が忙しかったり、ウダウダしたり?!(笑)
私も時々ウダウダしていますよー。

そうそう。akiさん、ブログ書いてよー!(笑)
更新されていませんよー。
でも不思議ですよね。ブログの更新とかホームページの更新とかは、一度面倒になると、ずーっと面倒になるのですよねー。
何となく分かる気がします。
私のブログの読み逃げは、正しい読み方です(爆)!

雌阿寒、阿寒富士、良かったですー。
あそこの森は、木が『スクッ』と高くて、森全体が元気そうなのですよねー。
元気な森の中を歩くと、歩いている人まで元気になるような気がします。

えっ?えーっ?!
逆回りしないで、私と同じ方向で回ってみてくださいよぉー(笑)。
ほぉーんとに最後の登りで根性入りますから!!

あっ。紅葉登山も激混みという程では無いのですね。
だとしたら、行ってみたいなぁ...
ちょっと考えておきます!
(^o^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)