疲労度測定結果


先日ですが、両手の指先に接触させたセンサー機器で疲労度を測定してみました。

そのシステムは、センサー機器からパソコン経由でクラウド上のサーバにデータが送られ、そこで処理された結果がパソコンに戻ってくる。 という仕組みなのです。
って書いても、訳が分からないでしょうか?(笑)

それで結果がご覧の写真です。
私の場合、自律神経機能年齢が54歳。ゲゲッ!!
実年齢より6歳もオジサンな状況。どうやら疲れているとの診断でした。

交感・副交感神経の測定結果は、水平グラフの一番左端に黄色い印がありまして、これは思い切り休息状態とのことであります。
究極にリラックスしているというか、平常心というか、悟りの境地というか(笑)、そのような精神状況を示しているとのことです。

なるほどねー。
これはなかなか良くできた仕組みだと思いました。
健康状態の確認程度に利用すると良いかも知れませんね。
(^_^)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。
疲労度測定ですか、面白そうですね。
これって病院とかで測定してもらうのではなくて、
自分で計測器を買ってパソコンに接続するってことですか?

隊長さんでも54歳ですか? 興味深いですが、
私は自律神経に関してはかなり自信がないので、
とんでもない数値が出そうで恐いです(^^;。

暑い日が続いて自立神経も乱れがちですので
気を付けましょう(^^)。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはです!
しばらく留守にしていました。
ちょっと気ままな旅に出ていたのです。
その件は、あとでブログへアップしますね。

疲労度測定は、機器のデモ会場でやって貰いました。
自律神経が弱っていることは、なんとなく自覚していたので、実のところはあまりガッカリしませんでした。
まあ、これ以上、メタメタにならないように気をつけたいと思います。
スズさんも、もしかしてメタメタでしょうか?(笑)

それにしても、今夜も暑いです。
参りますねー。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)