阿寒富士山頂・コマクサと背景に雌阿寒岳(2013.8.4)


この日歩いたルートでは、既に『コマクサ』は最盛期を過ぎていました。
ほとんどは花が萎れていたのですが、『阿寒富士』の山頂で少し元気な花を見つけたので、『雌阿寒岳』を背景に撮っておいたのがこの写真です。

撮影方法は、E-3のバリアングル液晶を展開。
アイピースシャッターを下ろして光学ファインダーからの光の進入を防ぎます。
そして、AFターゲットポイントを右端の花に変更。

とまあ、こんな感じで撮ったのでありました。
地面にカメラを置くような撮影時には、とても便利なバリアングル液晶ですが、やはり光学ファインダーを覗きながら撮る方が自分は性に合っています。
ただ、光学ファインダーを使うとなると、変な格好をしないと撮れませんから...
『バリマグニアングルファインダー VA-1』を使うという手法もあるにはあるのですが...2万円以上の価格と持ち歩きが面倒という二重苦があって未だ購入に踏み切れず。
きっとこの先も買わないだろうな。



そう言えば、トレッキングポールを折ってから、色々と情報を調べていました。
そこで良さそうな製品の情報を見つけたのです。
製品は、『FREELIGHT Trekking Compact』というもの。
ちゃんと強度テストをしているようなので、良さそうだと思いました。

『ブラックダイヤモンド』のポールが壊れた時の購入候補に入れておきます。
(^_^)



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんばんは。
バリアングル液晶は我が愛機には付いてないですが、
液晶のライブビュー撮影ってどうも好きになれなくて、
光学の外付けファインダーも何だかなぁって感じですよね。
だったら寝そべったほうが(^^;。

このトレッキングポールやたら軽いですね。
ツインポールなので一本で158gってことですよね。
材質もちゃんと書いてある。超々ジュラルミンですね。
最後のスタイルってのが良くわかりませんが、
3分割で高さ調整するってことですかね?
その割には調整用のリングもないし不思議な形ですねぇ。
少し高いですが検討の価値ありそうですね。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

私の周辺にも、やはりカメラ好きが多いのですが、ライブビュー液晶が嫌いな人が多いですよ。
『一眼持つなら、光学ファインダーだろ。』
そう言い切る人が本当に多いです。

かく言う私も同派なのでありますが、バリアングル液晶は、たまーに便利に使っています。
ごくたまーに、ですけれど。有れば便利という程度です。
基本は光学ファインダーです。

あっ。トレッキングポールの記事、見てくれましたか。
そうなのです。とても良さそうですよね。
長さの調整は、ポールを回して締める、いわゆる普通の調整方法だと思われます。
もしかして有るかな?と思い、本日、北大前の秀岳荘も見てきたのですが、やはり同品はありませんでした。
ネットで注文するしか方法が無さそうです。

それにしても、この軽いポールで歩くと快適かも。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

札幌市 大通公園&赤レンガテラス ホワイトイルミネーション

海さくら元町店で乾杯(初冬に桜咲く)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

就寝前の「龍角散」とは

半月湖ぶらぶら