望岳台周辺で見られた花など


望岳台から十勝岳までは、主にこのような花が咲いていました。
これは『エゾノマルバシモツケ』でしょうか。少々葉が大きいような。




こっ、これは...良く分からないですねぇ...
何かの花が終わったら、きっとこうなるのでしょうね。何だろう...




これは花ではありません!
蜘蛛の巣がおもしろかったので撮っておいたものです。
最初、何かゴミが落ちていたのかと思いました(笑)。




そして。この日の主役だった『メアカンキンバイ』。
もう、どこを見ても咲いている。花盛りでありましたー。

望岳台から十勝岳の中腹まではこんな感じ。
しかーし、花がおもしろいのは、やはり美瑛岳方面なのでありました。
続きも継続してアップしていきます。
(^_^)



さて。今日から7月に入りました。
7月に入ると、北海道でもようやく夏本番といった感じになりますよね。
そして、今朝のニュースでは世界遺産登録で祝賀ムードに包まれた富士山の山開きが盛んに放映されていました。
うーん。あんなに観光地化していなければ、登ってみたい山ではあるのですが...
今ではすっかり登りたいと思わない山になってしまいました。
ブームが過ぎ去って、少し静かになった頃に行ってみたいな。っていうか、もうブームが過ぎ去ることはあり得ないのかな...うーむ...
(^_^;)

コメント

S-Yoko さんの投稿…
隊長さん、こんばんみ。相変わらず登り倒してますね。かっこいいです。

そのよく分からないのは『ミネヤナギ』ではないかと思います。白いのは種を飛ばすための綿毛ですね。タンポポなんかと一緒です。

富士山はいつ行っても登山者で賑わっているイメージですよね。世界遺産に登録されてから更に人が増えているそうですから。まあ、最近は少子化で日本の人口も減少傾向ですし、あと100年もすれば静かな山になるのでは…w
隊長 さんの投稿…
S-Yokoさんへ。

おはようございまーす。
はーい!相変わらず登っています。
今朝も昨日に引き続き、激烈な筋肉痛と闘っております!!(笑)

ん?!『ミネヤナギ』という植物があるのですね。
あーっ!思い出した。
いまインターネットで『ミネヤナギ』を見ていたら、山の中腹で綿毛になる前の姿を見ていたような気がします。
なるほどー。教えてくれてありがとうございます。

富士山は観光地となっていますねー。
実際、行ってみたい気持ちはあるのですが...
まあ、しばらく様子を見ていようかと思いまする。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)