P310でMF撮影したブナの葉(長万部岳)


長万部岳の下山時に、Nikon COOLPIX P310でMF(マニュアルフォーカス)撮影したブナの葉です。
何故なのか、何度やってもAF(オートフォーカス)ではピントが合ってくれませんでした。コンデジって被写体によっては、たまにこういう事があるので困っちゃうのですよねー...
でもまあ、なんとか撮りたかったブナの葉の縁にある『うぶ毛』が写っていたので良かったです。
(^_^)

2 件のコメント:

スズ さんのコメント...

スズです。こんにちは。

こういうノッペリしたものって、
カメラにとっては識別するのが大変でしょうね。
私だと近くの枝とかに合わせて、
何がなんでもAFで撮っちゃいそうですけど(^^;。

だってコンデジのMFってめんどうなんですもん。
せめてダイヤルがあればねぇ。

しかし葉先の毛まできれいに写りましたね。
たまに失敗するけど、MFも中々悪くないと思うのです。

隊長 さんのコメント...

スズさんへ。

そうなのですよねー。
ノッペリした物体って、AFが効きづらいですよねー。
まったく、人間の眼みたく賢く作れないのかな。なーんて時々思ったりします。
あっ。近くの枝にAFで合焦...その手を忘れていた...アホだなぁー...自分。

はい。コンデジのMFって、メッチャ操作感が悪いです。
MFを固定して、カメラ本体を前後させてピンを合わせるのですが、なんでカメラを動かさなければならないの? って思っちゃいますよ。
(^_^;)