ノウゴウイチゴに写る空(長万部岳)


早起きすると良いことがある。
長万部岳の登山道には『ノウゴウイチゴ』。
その葉には朝露。葉と葉の間に円く佇む水滴には、ブナ林と空が映っていた。




少し面長のスミレは人の顔を連想する。
そして、スミレの目線で撮影すると、緑鮮やかで華やかな森の世界が写る。




地面の土から森を見上げると、こんな風景が目に飛び込んでくる。
花たちは、虫たちは、いつもこんな風景を見ているのだろうか。




『ノウゴウイチゴ』は今が花期。
この花が終わり、夏も真っ盛りになる頃、ここは野いちご畑になるのだろう。
その頃、私はまたこの場所を訪れることが出来るだろうか。
私は歩きながら、そんな事を心配してしまった。
(^_^)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)