花やらセミやら(長万部岳)


長万部岳です。
この花は1cm未満の小さな花。名は調べていなーい!(笑)
大きく見てみると精密な作りですよねー。いやはや、お見事です。




この子も1cm未満の小さなスミレなのですよねー。
撮影するときは、地面にカメラが近いのです。小さいカメラはこういう時に便利。




日曜日は天気が良くて山はセミの大合唱(写真は『エゾハルゼミ?』)。
ヒグマよけの鈴の音なんて、全然聞こえやしません。ある意味、恐い。
そんな訳で、大合唱隊のメンバーを記念撮影。
そんなところで『ボーッ』としていると、鳥に食べられちゃうよ。



今朝は寝ている時に右肩の関節をおかしくしたみたい。
背中側が妙に痛い。一体、寝ながらどんな姿勢をしていたのだろうか。
なんだかなぁー。
(^_^;)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。

長万部岳気に入ったんですね。
どうもこの時期の低山(林の中)はブヨ・蚊が集団来襲するので
好きではないのですが、花だけを見ていると行ってみたいのです。
そういえば飲んだ次の日は、より来襲率が上昇する気がするのですが、
隊長さんは御無事でしたか?

私も名前は知りませんが、白い花きれいですね。
セミも長万部岳では活き活きしていますね。
美瑛富士への道中で見たセミは、
雲ノ平の雪渓まで風で吹き上げられてきたらしく、
可哀そうに雪上でグッタリしていました。
これが高山で暮らす動物達の餌になるようですが、
なんか自然って容赦ないですよね。

ではでは。来週隊長さんはどこに行くのかな??
mori さんの投稿…
隊長さん、こんにちは。

1枚目、アブラナ科の花だと思いますが
種類多すぎていつも困ります。
葉の様子から推察するに、ワサビ・カラシ系でしょうか?
雄しべ、こんな風になっていたんですねー。

2枚目はおそらくツボスミレ(ニョイスミレ)かな?
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはです。いま仕事から戻りました。
長万部岳、なかなか手強いです(笑)。
いつになったら山頂に行けるのか分かりません(爆)。
まあ、その件の詳細は後で。

そうなのですよー。
この時期の低山は恐ろしい状況です。
ブヨと蚊の集団波状攻撃にやられました。
被弾箇所は、首の後ろに数カ所、右手首に数カ所、右こめかみに数カ所やられましたー。
でも、ここのところヤラレまくりなので、とうとう腫れなくなりまして、痒みもあまり感じなくなりました。
強くなった!イエーイ!!(笑)

白い花、大きく見ると可愛いですよね。
そうそう。セミもちゃんと生きていました(笑)。
美瑛富士までセミが?あーっ。上昇気流に流されたのでしょうね。
それは完璧に餌になるなぁー。

次の週末の山ですか?
うーん。どこに行こうかなぁー。
まだ全然考えていないのですよぉー。
うーん、うーん...よぉーく考えてみます。
(^_^)
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

あっ。1枚目の写真はアブラナ科なのですかー。
いやぁー、可愛い花ですよー。小さいし、精密な感じだし。
デジカメで撮影して、パソコンで見ると、肉眼で見るよりも詳細な部分が良く見えることがありますよねー。
たまりませーん。楽しいですよね。

2枚目、ツボスミレですか。
もう、スミレは難しくて困っちゃいます(笑)。
もうダメーって感じー。アハハッ。
(^_^;)

moriさん、また教えてくださいね。
よろしくお願いします!
(^_-)-☆

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)