長万部岳を眺めつつ、新緑ブナに囲まれたカフェで昼食を...


土曜日は昼食の準備を背負い、長万部岳の登山口へ。
さあ、数年ぶりに訪れたここは、どんな感じなのか。少しワクワク。
カメラはP310のみを持って身軽にスタートです。




登り始めてすぐにエゾエンゴサク、キクザキイチゲ、カタクリなどがお出迎えしてくれました。
ということは...まだ雪融け直後ということだろうか? などと考えつつ少し進むと...




おっ。山に響き渡るチェーンソーの音。そして重機。
作業の方と話しをしたところ、間伐作業をしているとのこと。
作業が一段落するまで、一端後方で待機。ここで20分ほど足止め。
でも、初めて木が倒れるところを見ることができました。
『バリバリバリー!ドサーッ!!』 凄い迫力でありましたー。




倒れた木は重機で一端、道路脇に運び、そこでチェーンソーで等間隔に切りそろえます。
この作業、本当は5月初旬の予定だったのですが、今年は雪が多くこの時期になったとのことでした。




これは足止めの時間で撮ったカタクリ。
今年は元気な姿を見られないと思っていたので幸運でしたー。




更に進むと道が川に...
雪融けの水量が多く、道を横切る川から溢れていました。『うひょー。』




登れば登るほど、あたりはキクザキイチゲの花畑。
いいね、いいねー。花盛りだねー。 天気も良いし、大満足。




右奥には雪の長万部岳が見えてきました。かっこいいー。




『七曲がり』の道はご覧お通り。雪なのですわー。
いやぁー、これがまた歩きづらい。斜めっているからね。
意外と疲れるなぁー。などと思いつつも登坂を継続です。




こちらは小さな花。イチゲさんの仲間なのかなー。そんな雰囲気。




斜面の日陰で優雅に咲いていたのはシラネアオイ。
太陽の光がスポットライトのように当たってカッコイイ。




さて、鉱山跡まで到着しました。
目の前には長万部岳の雄姿が見えています。いいねー。

ここから先は、完全な雪原となっていまして、どうにもルートがあやふや。
記憶も既に薄く、『あっちかな?いや、こっちだな。』 みたいな感じで進みました。




登坂開始から2時間かけて、なんとか830m付近の尾根までたどり着き、今日はここが頂上となりました。
さあ、新緑の天然ブナに囲まれた山中で、長万部岳を眺めつつ雪上カフェをオープンです。
昼食はトマトとバジルが入ったラーメンとおにぎり。食後はドリップ珈琲でありマース。
まあ、なんて言うか、大量のブヨに囲まれた、物騒なカフェではありましたが...(笑)...
タハハッ。

45分ほど休憩したのち、1時間半をかけての下山となりました。
久しぶりの長万部岳は、花と新緑のブナ、雪、青空と、満足のいく山行でしたぁー。
(^_^)v

コメント

隊長 さんの投稿…
akiさんへ。

ひええぇぇぇ~~~。
ケータイでブログの操作を誤って、akiさんのコメントを削除してしまったぁーーー。
(-_-;) ゴメンなさ~~~い。
でも、ログは残っていたので、ここに掲載して対応しまーす。

※※※(以下、akiさんコメント)
新緑の長万部岳、気持ちがよさそうですね~♪
新緑カフェもいいですね~(^_^)v
今日の「カフェ・隊長」はメニューはトマトとバジル入りのヌードルですか♪
んまっ!お洒落♪(お洒落感を出すのにヌードルにしてみました。笑)
でもブヨさんもご来店で物騒なカフェだったのですね(笑)
お天気がよくてきっと展望も最高だったのでしょうね(^_^)/
あ、ちゃんと日焼け止め、持ってきましたか?(爆)
※※※

...ということで(汗々)、隊長っす。
そっか。ヌードルですよ、ヌードル。
カフェでラーメンなんてメニューにあったら、それこそカフェではない店になってしまいますよねー(笑)。
しっかり学習させていただきました。ありがとうございます!

天気は最高でした。
気温も上昇して本当は腕まくりをして歩きたかったのですが...
何せブヨに人気のある私(爆)。
私の生き血をゲットできた子は何匹だったのやら。
そして、日焼け止めを忘れた私(笑)。
更に顔が焼けて、もうすっかり夏山の準備は完了(顔だけ!)でありまーす。
ヽ(^o^)丿

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)

足寄町 オンネトーの秋(2017年9月30日)