花の霊峰剣山(その6)


さて、花の霊峰剣山、その6、です。毎日編集している私も疲れてきたところです(笑)。
登坂開始から2時間10分が経過。
突如、坂の上に青空が見えてきた。これはもしかすると...




はい。青空の向こう側に剣山の山頂部が見えましたー。
良く見ると、しっかりと剣が見えるのです。人の姿も。




早く山頂に行きたいので、そそくさと前進。
すると、ここは?看板には、『母の胎内』とあります。
『この穴を潜って欲しいのかな。』
でも...私、こんなに大きく育ってしまったので、いまさら母の胎内に戻るのは無理だしー。
母もいい加減迷惑だと思うので、潜る挑戦はパスしました。途中でつっかえてレスキュー騒ぎになっても困るし(笑)。




さあ、いよいよ山頂直下、4連続のハシゴ登りです。




ふとハシゴの向こう側の崖を見ると『ヒダカイワザクラ』。




はい。山頂に到着です。
この日はとっても天気が良く、登山者も多数。
だから、山頂へのハシゴも大渋滞で待ち行列でしがた、なんとか2時間30分で霊峰剣山の山頂へ来ることが出来ました。
ヽ(^o^)丿




剣の向こう側はこんな風景。
見渡す限りの十勝平野。いやぁー、眺望の良い山頂です。
実に気持ちがいい。最高、最高~~~!




狭い山頂に20名ほどがひしめき合っている中、なんとか風景撮影です。
中央から少し右に大きく写っている山は芽室岳だと誰かが言っていたなぁー。本当かな。




上の写真から左方向を撮影。
山頂は人が立っているスペースすら確保が難しい状況(汗)。




更に更に、上の写真から左方向を撮影です。
アポイは左端の方なのかな? 日高山脈は勉強不足で良く分からない系の私です(汗々)。

この山頂撮影を終えた後、まだ後から登ってくる団体さんのためにも、また、昼食を食べるためにも、そそくさと山頂を後にしたのでありましたぁー。
待ち行列で、なかなかハシゴを下りることが出来なかったですが...


では、次回『その7』は下山編ということで、シリーズ完結といたします。
(^_^)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。

あんなせまい山頂に20人も良く立ち入れましたね。
私の時は山頂着時間が早かったので、
数名ほどで彼らが下山した後は山頂を独占できましたが、
やはり人気なのですね。

山頂部の近くは道が大きく迂回していますが、
昔はまっすぐ道がつながっていて、
そこにイワザクラの群落があるそうですよ。
私も聞いた話なので、詳しく知りませんが...
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはです。
気温が低い割には、湿度が高くて蒸し暑い日ですね。

さて、剣山の山頂ですが、人が多すぎでした。
本当にあそこの山頂は狭いですよねー。
そんな中、どってり座り込んで、御飯を食べている一行も居れば、あまりにもの混みように気が引けて、すぐに山頂を後にしようとしている人も居ました。
まあ、あのような状況の場合は、後者の方がマナー的には最良だと思って見ておりました。

山頂部へ直登すると思われるルートは、登っていて分かりましたよー。
登山道が2つに分かれていました。
今でも使っている人がいるのでしょうか。
どうなのでしょうね。
気になるので、今度訪れた時に様子を見てこようかと思います。
(^_^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

礼文島 イブキジャコウソウ(2017年8月9日)

礼文島 ゴロタ岬(2017年8月9日)