花の霊峰剣山(その5)


それでは引き続き、花の霊峰剣山、その5、です。
登坂開始から1時間50分ほどで『二の森』という場所までやってきました。
ここでは休憩している人がチラホラ。
森の中ではピンク色のエゾヤマツツジが綺麗に咲いていましたよ。




すぐに『不動岩』。
いや、この手の岩は普通、不動かと思うのですが...などと突っ込みを考えつつ通過(笑)。




かなり山頂の近くまでやってきていますが、若干このように下る場面も有り。




あっ。足下に大きな赤い色のダニを発見です!
ちょいとググッてみると、『タカラダニ』という名称でした。
なんでも、花粉を餌にしているダニなのだとか。花の季節だからねぇー。
この他に、茶色の『マダニ』も何匹か見かけましたよー。大自然ですね。




ダニの撮影などをしつつ歩いていると...
突如、眼前にはロープ場と壁のような斜面が出現です。
いよいよ山頂が近い雰囲気がしてきて、俄然気合いが入るのでありました。




登坂開始からちょうど2時間が経過で『三の森』まで到達です。




その『三の森』から更に2分ほど進むと、もしかして出会えるかも知れないと期待をしていたこの花に遭遇です。
はい、『ヒダカイワザクラ』なのでありまーす。
(^^)//""""""パチパチ

いやぁー。もうとっくに花の時期は終わっていても不思議ではないのですが、今年は時期が遅れて咲いていてくれたのですね。
日高の岩の隙間に咲いている桜。その名の通りだ!
花は想像していたよりも大ぶりでありました。


さて、この続きは『その6』、にて。
いよいよ山頂が近いです。
慌てず、丁寧に紹介していきますねー。
(^_^)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)