花の霊峰剣山(その4)


花の霊峰剣山、その4、です。
登山口から一時間も登ると、登山道の脇にちょっとした休憩ポイントがあり、そこから十勝平野が望めました。
遠くには十勝岳連峰などが見られ、風の吹き抜けも良く快適な休憩ポイント...
と言いたいところですが、人間が快適な場所にはブヨの魔の手あり。もう、体の周りに“ブンブン”と群がってくるのでありましたぁー。『たっ、たまら~~~ん!』。




それでもブヨに負けずに、休憩ポイントの頭上に咲いていたカエデの花を撮影です。
しかしながら、一瞬の隙にブヨに噛まれるため、構図を考えている暇は無し。とても中途半端な一枚が完成です!(笑)




暑い。ひたすら暑い。写真の空を見てください。天気が良すぎですよー。
ここでは山頂付近を左手に眺めつつ、登山道を進みます。ここは緩斜面。




登山開始から一時間半が経過しました。
道の脇に残雪を眺めつつ登り続けます。ほんの少しだけ涼しい気分。




快調に登坂をしていたら、私の大好きな『コミヤマカタバミ』を発見しましたぁー。
ハート形の葉が可愛いのでありマース。花びらの薄紅色のスジも気品がありますね。




『ケエゾキスミレ』と思われる花もたくさん咲いていました。
この写真は手ぶれしておりますがご勘弁。手ぶれしていない写真もありますので、あとで掲載します(ここでは写真を時系列に掲載しています)。




はい。スミレはこんな風に岩の合間に密集して咲いておりました。




これは...『蛙岩』。
最初、下方から見た時にはどう見ても蛙には見えませんでしたが、こうして横から見ると...まあ、うーん、何となく分かるような気も...




こちらは『ヒメイチゲ』でしょうか。
この花も全盛期のようで、あちこちにたくさん咲いておりました。
か弱そうな花ですよねー。


いやはや、もう水曜日になりましたが、まだまだ花の紹介は続くのでありまーす。
この続きは、『その5』、にて。着実に紹介してまいります。
(^o^)

コメント

mori さんの投稿…
隊長さん、こんばんは!

剣岳も花の山ですね~。
ケエゾキスミレは、まだ見たことありません。
一目で「ケ」ってわかるくらい毛が見えるんですか?
別の写真を楽しみにしてますねー。
それと岩のまわりをぐるっと囲むケエゾちゃんの写真、すごい!
きっと隙間に根を張って増えるのでしょうね。
まだまだ続きそうな花の写真が楽しみです!
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

おはようございます、moriさん。
はい。剣山は完璧に花の山でありましたー。
ケエゾキスミレは、花も葉の縁も毛が一杯でした。
花写真は、下山編まで続きます。
長丁場のレポートとなりますが、なるべく丁寧に写真を紹介していきますので、首を長~~~くしてお付き合いください。
よろしくお願い致します!
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)