花の霊峰剣山(その2)


花の霊峰剣山、その2、ということで続きを紹介します。
こちらは『オオサクラソウ』ですねー。茎の毛の具合から見ると...『エゾ』が名称の頭につくかどうかは微妙とみた!(笑)




こちらは小さな白系のスミレです。
もしかして、これは『ミヤマツボスミレ』なのかも知れない。
とにかく、陽の光を浴びてピッカピカに輝いていたのです。




この子は、茎が結構毛深いですねー(笑)。
やっぱり『エゾオオサクラソウ』なのでしょうかぁー。良くわっかりませぇーん。




はい。山の様子の写真で一休み。
この写真を撮っていた頃、私は既に暑くて暑くて大汗状態でありました。
そこで腕まくりをすると、ブヨが噛みつく。袖を伸ばすと暑い。また腕まくりするとブヨが噛みつく。
この連続なのでありました。結局、腕まくりは断念して登ることに(泣)。




この花はたくさん咲いていたのですが、私、あまり見た記憶無し。
帰宅後に調べてみますと、『チゴユリ』というようです。




これはもしかして、『クロミノヒダカエンレイソウ』なのかも。
子房が黒紫色で、花弁が3個、雄しべは雌しべより短い、がく片の先は次第に細く鋭くなる。
特徴が一致しているんじゃないかい?!うーむ...




こちらは『ヒトリシズカ』ですねー。
一人で静かに咲いていますが、周りにもたくさん咲いていて、『君は決して一人じゃない!』 って感じー。




これは『メアカンキンバイ』かな?!
これから本格的に咲く時期ですよね。楽しみ、楽しみ。


さて、そんなこんなで、まだまだ花は続くのでありまーす。
この続きは、『その3』、にて。
(^_^)



今朝は、全身が軽く筋肉痛。いいねー。

コメント

スズ さんの投稿…
スズです、こんにちは。
隊長さんも剣山行ったんですね。
ここ地元の人の話では、地味にどころか、
かなり花で有名な山らしいです。
ウメシュンさんの本で取り上げられてから、
人が増える一方だそうです。

これだけ花があると進まなくなりますよね~。
私、ピストン予定の山は行きは花を見ないふりして登って、
下山時に写真を撮っています。
日が高くなってからのほうが咲いている花も増えて
一石二鳥ですしね。
フデリンドウは一度も見たことがないので、見て見たかったです。
しかし一週で随分と花が咲いたものですね。

私はここでダニに差されましたが、隊長さんは大丈夫でしたか?
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんは、です。
はい。スズさんのレポを見ていて、『行ってみたいなぁー。』って思いました。
だから即行動。行ってみちゃいました。

いやぁー、花、凄いです。
私的には、実際、アポイよりも楽しめました。
希少種のアポイもいいですが、ポピュラーな花のオンパレードも最高なのでした。

スズさんは登りで花の撮影をしないのですね。
花の観察は、登りの方が花を見つけやすいのですけれどね。
まあ、人それぞれの登り方があるので、それはスズさんスタイルという事で有りだと思います。
なるほど。陽が昇り、暖かくなってから花開く個体も確かにありますね。
やっぱりスズさんスタイルも良いです。

フデリンドウ、三角山にも咲いていますよ。
『よぉーく』登山道の脇の草の中を覗くと咲いています。
『よぉーく』、ですよ(笑)。

ダニですが、ザックとか首に掛けたタオルとかに取り付いていました。
ザックは休憩時に念入りに手で払い、タオルも定期的にチェックしていたので刺されませんでしたよ。
それ以上に、ハッカ油を首筋、耳、手首などに振りかけているのが功を奏しているのかも知れません。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)