写万部山の山頂で見た天測点とか


写万部山の山頂では、こんなコンクリート製の人工物がありました。




プレートには、『第六号 天測点 地理調査所』の文字。




こちらは台上部の指標鋲であります。しっかりと固定されていますね。
天測点のことは詳しくありませんが、一覧のホームページがありました。

どうやら昔は天体観測による天文測量で経緯度が決定されていたようです。
うーむ...まったく知らない世界です...




南東方向を見ると海岸線がうっすら見えていました。




下方にはまだ残雪があります。来週には消えているでしょうか。




これは北西方向かな。あまり見えていませんね。




そして、登ってきた南方向です。これまたガス模様。
山頂で見たものは、ザッとこんな感じでありました。
天気が良ければ、かなり眺望が良いのだろうなぁー。残念!機会があれば、また訪れてみよう。
(^_^)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんばんは。
夜飯もたべないでブログ見ています。
お腹空きました。

こういう測量点って調べてみると面白いです。
天測点って全国に48点しかないんですか?
そう思うと、なんかすごく貴重なものの気がしてきますね。
銘判の「第   六   号」の数字の間がやたら空いているのが気になります。
もしかしていっぱい作る予定だったのが48個だけで終わってしまったとか
なのかな...うーんロマンです(^^)。

あと曇天、残念でしたけど、今週は日焼けで皮めくれなくてすみますね。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

アハハッ。夕飯も食べないでブログ見ているのですか?
集中すると止まらない質なのですね!(笑)

天測点、数が少ないですねー。
天体観測で緯度経度を算出するなんて、ある意味、航海術みたいですよね。
今は星の代わりに衛星が座標を教えてくれますので、ある意味では天測なのかなー。

天測点、ちょっと変わった設備だったので、いつもよりも念入りに撮影してきたのですが、結果的に正解だったと思いました。
風化してこれ以上傷まないうちに記録しておかなきゃ。

曇り空は涼しくて良かったです。
眺望は全くダメでしたが、日焼けのことや、暑さでバテることを考えると、恵みの曇りだったのかも知れませんよね。
そんなこんなで、最高の山行だったと思います。
(^o^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

礼文島 イブキジャコウソウ(2017年8月9日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ