かなり暑くなりそうな予感...


今朝は、窓の外を見ると“スカッ”とした青空で陽射しも強いのです。
日中は暑くなりそうです。ビルの中などは、エアコンが無いと地獄かも知れませんねー。
それでも、東京都内と比べてこの湿度の低さは素晴らしい。
やはり北海道は恵まれていると思う訳なのでありました。



写真は昨日に続きオオシマザクラ、E-3で撮影です。
(^_^)

今年も見事なオオシマザクラ(白桜)


先週の日曜日。
毎年、薄紅色の桜が散る頃を待っていたかのように開花するのが白桜こと、オオシマザクラ。
早朝の青空をバックに撮ると、こんな感じになりました。やっぱり青空はいいです。




今年も甘~い花の香りを辺り一面に漂わせながら、繭玉のような可愛い花を“ポコポコ”とたくさん咲かせてくれました。
私、この花を見ると、いよいよ夏が近づいていると思うのでありました。とさ。



さて。ちょいと一泊二日で東京に行っていました。
向こうは梅雨入り直前という感じで、小雨な天気もあり、かな~り蒸し暑さが上昇中でありました。
本日、こちらに戻ってきたら、この爽やかさに衝撃!(笑)
やはり北海道は最高です!!もう実感しまくりでありました。
ヽ(^o^)丿

見渡す限りのオオバナノエンレイソウ


実は写万部山へ向かう途中、ちょっと某所へ寄り道をしました。
お目当ては、このオオバナノエンレイソウ畑ともいうべき風景を見るためです。
鳥沼公園のオオバナノエンレイソウも凄いですが、ここはもっと凄いのでありマース。
ちょうど最盛期にぶつかり、メッチャ興奮しました。血圧が上がって、体にいいのだか、悪いのだか(笑)。




ここはカタクリの大群生地でもありまして...
でも、カタクリは一週間ほど遅かったようで、皆さんションボリ状態。
辛うじて最後の気力で咲いていたのはキクザキイチゲ。
背景にションボリしたカタクリを入れて撮ってみました。




地面にそっと目立つことなく咲いていたのはスミレ。
とっても元気の良い花を見せてくれました。
うん。道南方面も結構見所があって、色々と楽しいです。
(^_^)

シラネアオイの後ろ姿(写万部山)


写万部山でシラネアオイの後ろ姿を撮影です。

この花は、自分的にはどうも後ろ姿が美しく思えてならないのです。
今回は、絞りを開け気味にして、フワッと感を強調してみたりして。



さて。今朝は体が怠い重い感じ。頑張らねば!
(^_^)

写万部山の山頂で見た天測点とか


写万部山の山頂では、こんなコンクリート製の人工物がありました。




プレートには、『第六号 天測点 地理調査所』の文字。




こちらは台上部の指標鋲であります。しっかりと固定されていますね。
天測点のことは詳しくありませんが、一覧のホームページがありました。

どうやら昔は天体観測による天文測量で経緯度が決定されていたようです。
うーむ...まったく知らない世界です...




南東方向を見ると海岸線がうっすら見えていました。




下方にはまだ残雪があります。来週には消えているでしょうか。




これは北西方向かな。あまり見えていませんね。




そして、登ってきた南方向です。これまたガス模様。
山頂で見たものは、ザッとこんな感じでありました。
天気が良ければ、かなり眺望が良いのだろうなぁー。残念!機会があれば、また訪れてみよう。
(^_^)

初めて訪れた写万部山

本日は晴天なり。
いやはや、今日は道南の長万部岳か黒松内岳はどうか。
いやいや、ニセコのイワオヌプリなんてそろそろどうだろう。
などなど、色々と考えつつ、取り敢えず『そちら』方向へ向かってみました。

まあ、この目で山の状態や天候を見つつ臨機応変に決めるつもりです。




結果、ニセコの山々は遠目でも雪がドッサリ。
長万部岳や黒松内岳もまだまだ雪が多そう。しかも中腹から雲の中。

2~3秒ほど考えた末、急遽&初めて行くことになるのですが、写万部山をチョイスしてみました。
ここなら低山なので、少しは眺望を楽しめる...かも...と。
初めて行く登山口へは、事前に地図を適当に見ておいたせいもあり、無事に到着でありまーす。




入山届けを記載する台には...
『美しい 緑がいっぱい 写万岳   千明』 そっ、そうなのか!で、千明さんって、どんな人なのだろうか(笑)




入山すると、目の前の道の立派なこと。
とっても綺麗に整備されている登山道なのです。これは凄い。
そ・し・て...私にしつこくつきまとうのは、ストーカーのブヨたち。
私、血液型はA。かなりの人気者なのでありました。夏山だねぇー。




最初に出迎えてくれたのは、この子。




"Green days"のakiさんによると(すっかり他力本願(笑))、この花はフイリミヤマスミレ。うん、うん。可愛いねー。
この写真は、E-3を地面にぺったり着けて撮ってみたもの。このローアングルが好きなのです。




これは6合目付近の階段だったでしょうか。
この写真の空は薄い雲が覆っているのですが、現地では晴れたり曇ったりでした。
気温は20度前後。暑い、暑いと思いながら登っていたのですが、この辺りから少し冷たい海風が体に当たるようになってきた。気持ちいい!&あいがたい!




この辺りまで来ると、海岸線がズバッと見えるようになりました。
空には相変わらず雲があります。まっ、このくらいが陽射し的には良好です。




爽快な稜線を歩いていると...
おおっ!今年初のシラネアオイです。いやぁー、優雅だわぁー。感動、感動。
この淡い色合いがいいのですわー。いつ見てもスンバラシイ。




さて。この辺りまで来ると、風はますます爽快。天然エアコン。
そして、登山道の脇には...今日のお目当てである...




はい!フギレオオバキスミレさんでありマース。かわゆーい。




いやはや、たくさん咲いています。akiさん情報のとおりですー。




おおっ!シラネアオイのブーケみたいです。素晴らしい。




とかなんとか、道中を楽しんで1時間ほどで山頂です。
でも眺望はあまり無し。すっかり雲の中に入ったようですが、このメリットは涼しいこと。見る見る汗がひいて気持ちが良かったなぁー。


冬にそこそこ出動をして歩いていたのですが、やはり土の上を登る夏山は、体への影響がちょっと違いました。
なんだろう。雪上を歩くよりも、足腰への負担が少し大きいのかな。
歩く時のキックが良く利くから、それだけ足腰が疲れるのかも知れませんね。何れにしても、これから徐々に体を慣らして行こうかと思います。




さて、40分ほどで下山を完了し、汗を流しに向かったところは...




地元おしゃまんべ温泉、丸金旅館です。
トロッとしたいいお湯が肌にやさしい、日帰り入浴500円でございます。
下山後、すぐに入られる距離なので、オススメかも。

以上、低山でも楽しかった、初めての写万部山レポでした。
(^o^)

美瑛富士と遠くにオプタテシケ山


望岳台から美瑛富士でありマース。
左奥にはオプタテシケ山がピョコンとその山頂を見せています。オプちゃんはいつ見ても奥まったところですね。



今日は空に雲が多め。
もしかしたら、少し雨が降るかも知れませんね。どうなるかな。
(^_^)

カタツムリ見つけた!(鳥沼公園)


鳥沼公園での復路、道端の葉の陰にカタツムリ。
見えづらい場所でしたが、手を伸ばして片手撮影してみました。コンデジはこれが出来るから楽です。




花の種類はまだ多くはありませんが、このような姿や...




このような色も楽しむことができました。春ですねー。



さーて。今日は金曜日。一週間はアッという間。
仕事は決まりを守って頑張らなくちゃ。決まりを守らないと事故に繋がるよ。
(^_^)

鳥沼公園のネコノメソウ


ネコノメソウって、結構地味な存在だと思うのです。
でもね、鳥沼公園で見たネコノメソウは、辺り一面に広がっていて大迫力だったのです。

いやぁー、この花が終わったら、皆、足下がネコノメソウだったなんて気にしないで、踏みつけながら歩いちゃうのだろうなぁー。
なーんて考えつつ、ネコノメソウを避けて歩いておりました。



本日は木曜日。日焼けをしてから4日目の朝です。
顔の状態は赤味がかなり抜け、黒光りしてきましたー(笑)。
でも、まだ鼻の頭は赤い感じ。この鼻が最後の関門だな...
(^_^;)

水面(みなも)に咲くエゾノリュウキンカ(実は、エンコウソウ?!)


富良野市 鳥沼公園で撮影したエゾノリュウキンカ。

コンデジのP310で撮影したのですが、水面(みなも)の“しっとり”というか、“ヌルッ”とした水の感じがうまく描写されていると思います。
あっ、自画自賛だわ(笑)。撮影は最初、オートモードで撮ったのですが、明るく写りすぎてNG。
結局、P(プログラム)モードでマイナス補正をかけ、やっと納得できる写真となりました。
やっぱり気に入った写真を撮りたい時は、たとえコンデジでも手間暇かけないとダメな時がありますよねー。



さて、十勝岳で受けた『太陽フレア焼け』なる強烈な日焼けですが...
顔面の皮がボロボロに剥がれ落ちる段階になってきております。
酔っぱらい顔の段階を経て、ゾンビ顔の段階に入りました。
いい加減、早く普通に戻ってくれないかな...
(^_^;)

鳥沼公園はオオバナノエンレイソウが花盛り


19日(日)は十勝岳の帰り道、鳥沼公園を訪れてみました。

昨年は5月4日に花盛りだったオオバナノエンレイソウ。今年は?
おおおおっ!今年はこの時期で花盛りではあーりませんかぁー。
先ずは後ろ姿から入ってみます!




咲いてる、咲いてる。ワッサワサ咲いている。
いやぁー、実際、こんなに咲いているとは思っていませんでした。
今年は開花時期が遅れたのですねー。桜と同様のようです。




遊歩道のすぐ脇でもワッサワサ。
大きな花を上向きに見せてくれています。
ラッキー、ラッキー、大ラッキーなのでありましたぁー。
(^o^)

十勝岳の空に日暈(ひがさ)


昨日、十勝岳で遊んでいたとき、上空には日暈(ひがさ)という太陽の周りに丸く虹の輪ができる現象が見られました。
ここの上空では、時々このような現象を目撃しています。
発生するための条件が良いのでしょうか。




さて、話しは変わって、時々書いているグッズ情報でありマース。
今回は雑誌『フィールダー』の、フォールディング スプーン&フォークです。




北欧の『フェールラーベン』ロゴと北極ギツネが可愛い!
作りもかなりしっかりしているのでありました。実用的か?!




このようにコンパクトに収納することができまーす。
どう?どう?ほーらほら。欲しくなってきませんかぁー?!(笑)
という訳で、グッズ情報でした。
(^_^)

十勝岳にて爽快な尻滑り


本日は晴天なり。ここは望岳台、残雪遊びにやって来ました。
先ずはP310でパノラマ撮影です。
このパノラマ撮影は動画機能を用いた簡易的な撮影ではなく、4枚の写真を合成したパノラマです。
元のピクセルサイズが12323×2946となってしまい、このブログにはアップしきれませんでした。
雰囲気だけでもどうぞ!




もう5月も下旬なので、雪も少ないかな?
なんて思って訪れてみたら、今年は雪の量が多かった。
まだまだ雪がたっぷり残っていました。でも、雪融けもズンズン進んでいましたよ。
雪の下で水の流れる音が聞こえましたから。

そして、十勝岳は随分と元気よく噴気を出していました。
東日本大震災以降、日本全国の火山活動が活発化することが懸念されていますよね。
先日の有珠山もそうでしたが、どうも噴気の量が多いように思えました。
これは...もうすぐ...?! いやいや、十勝岳は噴火周期から考えても、そろそろ噴火してもおかしくないとのことでしたね。




さて、1時間20分ほどかけて十勝岳避難小屋の上あたりまで登ってきました。
もうちょっと上から滑ろうかとも思ったのですが、本日は尻滑り遊びを目的で来ているので、楽しい範囲で止めておきました。
そして、下を見ると...この辺りでも結構な斜度です。
ではでは、いざ、尻滑り発進!(笑)




最初はちょっと心に余裕無し。しかーし、少しコツを得た時点で余裕が生まれ、滑りつつ撮影したのがこの写真。
まさに尻滑りNOW! 登坂途中の緩斜面にデポしたザックの場所まで一直線に進むのです。
ところがこの後、ふと右手に握っていたハズのポールが1本、忽然と無くなっているのに気が付いた。
『んっ?あーっ、やっちまったー!』
はい。また斜面を登りましたとも(笑)。そして、また滑り下り、結果的には1本多く滑ることが出来て、ちょっと得した気分を味わったのでありマース(あふぉー)。

その後、雪原で昼食を作り、腹ごしらえしてから、のんびり下山となりました。

帰宅後...なーんと、顔も腕も日焼けで真っ赤。
明日、私の顔はどうなっているのだろうか...不安。
(^_^;)

有珠山 コジマエンレイソウ(Nikon COOLPIX P310)


こちらはNikon COOLPIX P310で撮影したコジマエンレイソウ。
花を光が透過しているので、これはこれで良い感じに見えます。
花を撮るには、コンデジもいいものだと思います。結構楽ですから。



さて、今日は完全に休息日。
しかし、ただ寝ているだけでは勿体ないので、懸案だったアイシスの洗車&メンテナンスを実施しましたぁー。

メニューは、
1.水あか取り成分入りのシャンプー洗車
2.軽く鉄粉除去
3.塗装面に入った飛び石などによる傷のタッチアップペンのリペア
4.軽い室内清掃
5.エンジンルームの清掃と軽い点検

いやはや、洗車とかは意外と重労働でありました。
まったく休息にならない(笑)。かえって疲れたかも。
飛び石で塗装に目立つ傷があったところは3カ所。
フロントバンパー、ボンネット、右後部ドアパネル。何れもタッチアップペンで綺麗に修正できました。
これでこの部分からの錆びは発生しないでしょう。

そんなこんなで、いいだけ働いた一日でありました。
(^_^;)

有珠山火口原のパノラマ写真


有珠山火口原の方向を撮ったパノラマ写真です。
中央部に激しく噴気を上げる火口原、左端には洞爺湖が写っています。

このパノラマ写真って面白いですね。
通常の撮影では、どんなに頑張っても広い火口原の全体を入れて撮ることはできませんもの。
こういう写真が簡単に撮れる時代になったのだなぁー。
しみじみ感動を味わうのであった(笑)。
(^_^)

有珠山から太平洋側のパノラマ写真


実は有珠山を登った日、E-3の他にNikon COOLPIX P310も持っていたのでパノラマ写真を撮ってみました。
今朝は太平洋側のパノラマ写真を掲載してみます。海岸線が弧を描いているのが良く分かりますよね。
それにしても、パノラマ写真を掲載すると、サムネイルが貧弱に見えますねー(笑)。なんだろう、この薄っぺらな感じは...アハハッ...



そう言えば、昨日、docomoの新機種が発表されました。
私、まだiモード端末なのですよねー。いわゆる普通のケータイ...
そろそろスマホも使ってみたいのですが...どうしても月々の料金が大幅アップという部分が気に入らないのです。
給料も下がっている昨今、どうしてスマホになら金をかけられるのか?
庶民の自問自答、葛藤の日々は続きそうです。
(^_^;)

有珠山から太平洋を望む


有珠山から太平洋を見たところです。
右側に有珠湾が見えていますねー。沖には漁船が何隻が出ていました。いま時期はどんな漁なのかな? ホタテ?




こちらは遠くに浦臼(豊浦の間違い!(笑))の方向を見ています。
内浦湾の弧を描く海岸線の地形が良く分かりますね。
地図の通りになっています(笑)。




そして、海の向こう側、対岸には駒ヶ岳なのでありまーす。
南方面を見ると駒ヶ岳だなんて、ちょっと不思議な感じ。
この日は雲がかかり、山裾が微かにしか見えていませんでした。

伊達から森町までの間を渡す橋とかトンネルがあったら、もの凄い距離と時間の短縮になるのになぁー。
私、いつもこの弧を描く地形を見て思うのでありました(笑)。



さて、今朝は小雨模様、道路が濡れています。
一端雨が上がり、曇りになるのかな。そしてまた夜は雨の予報。
気温はそれほど上がらず、桜は長持ちするかも知れません。
(^_^)