体を休める


たまには静養日。
珈琲して、横たわって体を休めていました。これも必要。

時々、ネットをブラウジングしつつ色々な情報を見ていると...
結構、新しい発見がある。
『あれがこんなに安い?!』とか、『あそこに行きたい!』とか。

その他には、今更ながら、山の登り方の情報なども面白かった。
今年の夏山も事故や怪我なく登りたいな。
(^_^)

森の地面の世界


今日も手稲山のアズマイチゲは咲いていませんでした。
雨も降っていてご覧の通り。

そしてこの写真、どこにピンが来ているのか分からない変な写真なのですが、森の地面の世界は随分と色彩があるものだなぁー。と思えたので掲載です。
上方から撮る写真とはまったく違って見えて面白いです。

それにしても、ここのところ寒い日が続いていますね。
色々な花の開花は、やはり遅れているのだろうか...
(^_^)

アズマイチゲは準備中

いやはや、随分寒いゴールデンウィークですね。
今日は日中、ニセコ方面に行っていたのですが、五色温泉付近は正午でも1度。
15時くらいに倶知安を通過時には3度ほどでした。
当然、峠はそれよりも3度ほど低いので雪と路面凍結の危機。
仕方がないので、余市から小樽を経由して札幌へ戻りましたが、それでも時々雪が降っていましたー。




そんなとても寒い一日でしたが、手稲の森には開花の兆しが。
いつも見に行くポイントでは、アズマイチゲが開花の準備中。
でも、写真のとおり、寒くて身を寄せ合っているかのようでした。




ナニワズは寒さに強いのか、早くもOpenです。
曇りの日に薄暗い森の中、しかも風が強かったので被写体ブレしていますが、開花の記録として掲載しておこう。

それにしましても、もう少し暖かくなって欲しいですよねー。
こいつは寒すぎます!!
(^_^;)

ゴールデンウィークに突入!

いよいよゴールデンウィークに突入しましたー!
その前夜祭とばかりに開催したのが昨夜の宴会でありまーす。


いつもの如く、豪華な刺身の盛り合わせが場を盛り上げる!
いやはや、ウニも超新鮮でして、『とっ、とろけるぅ~。』でありました。




更に更に、色々と食べたのでありましたが...
この茹でたアスパラ、メッチャめちゃ甘いのでありまーす!

そんなこんなで、ゴールデンウィークの前夜祭は楽しく終了。



そして、連休最初のミッションは次男の帰省作戦でした。
田舎で交通の便が悪いところだから仕方がないのでありました。
朝8時前に自宅を出発し、片道約2時間かけて赴任先の社宅着。
さっそく次男を乗せて連れ帰り、帰省完了でーす。
あっ、もうどこかに外出してやがる(笑)! 若いね。

私はというと、普通に過ごすこととなりそうです。
(^_^)

羊蹄山と半月湖


これもいま時期限定の写真かなー。
羊蹄山と下方には半月湖が同時に見ることができました。
きっと木々に葉が出てくると湖は見られないかと思います。



いやはや、やっと金曜日に到達。そんな感覚があります。
昨晩は自宅で不要品のハードディスクドライブを分解し、データ消去する作業をおこなっていました。
分解したのは3台でしたが、まだ数台残っています。
GW中に全てのハードディスクドライブを廃棄できるように頑張ろうかな。
それにしても、よくこんなに壊したもんだ。
(^_^)

半月湖周辺からニセコアンヌプリとワイスホルン


反時計回りで一周をした半月湖。
後半には少し開けた場所もあり、ご覧の通りニセコアンヌプリとワイスホルンが良く見渡せる場所がありました。
ここでクジャクチョウとも遭遇。春なのですねー。




こちらは今朝の空。
分厚い雨雲の合間に晴れた空が見えます。
前線でも通過している最中だったのでしょうか。雲と晴れ間が帯状に分かれていました。



昨夜は疲れが取れないので、22時前には就寝。
これで睡眠をたっぷり取ることが出来て、疲労も治まるかと思いきや、早寝をすると早く目が覚めてしまうというジレンマに陥ってしまいました。
これでは早寝をした意味が無いです。なんだかなぁー。結局、疲れが取れていないのであった。
(^_^;)

半月湖とニセコアンヌプリ


左の奥に見えるのがニセコアンヌプリ。
眼下には木々の間から半月湖。
今の時期だと木々に葉がついていないので、このような風景が楽しめるのでありました。
なるほど。こんな風に見えるのですねー。ちょっと意外でした。



ここ最近、寝ても疲れが取れません。
必ず翌朝に持ち越す感じー。これではいけない。なんとかしなくては!
(ー ー;)

羊蹄山 比羅夫登山口周辺より


半月湖の1周トレッキングの途中、羊蹄山の比羅夫登山口へ寄り道をしてみました。
そこから見える羊蹄山は上の写真な感じー。山頂部がすぐそこに見えます。
なかなかの迫力に感動なのでした。




ここから羊蹄山に登ったことのある人にはお馴染みの風景がこちら。
いやはや、看板の下にはまだまだ厚い雪の層があります。
これから急激に融雪してくるのでしょうね。あと1ヶ月もしたら雪も無くなっているのかなー。



さーて。皆さん、お忘れじゃないですよね?
今日から秀岳荘は29日まで、春のバーゲンSALEでありまーす。
皆さん、買うの?何か買うの?買ったら教えてねー!(笑)
(^o^)

羊蹄山麓の半月湖をツボ足で一周してみた


ここは半月湖畔自然公園の駐車場。
まだこーんなに雪が残っているのでありまーす。
これはスノーシューか?と思ったのですが、雪の上に乗って歩き回ってみたところ、しっかりと雪が締まっているのでツボ足でトレッキングすることとしました。




おっ。いきなりニセコアンヌプリが見えてきて、こりゃいいねー。




こんな緑の無い木々の間を勝手気ままに登っていきます。
雪の上をスノーブーツで歩くのって、意外と足腰にこたえますな。




ほどなく半月湖が見下ろせる火口の縁に到着です。
この半月湖も噴火口なのですよねー。いやぁー、写真では分かりづらいでしょうが、見事に半月の形をしています。




さあ、この半月湖の周りを一周するトレッキングを開始です。
先ずは羊蹄山の方向に足を進めることとしました。




半月湖の水面は、氷が岸の辺りから溶けてきていました。
水面が見えている部分は、美瑛川のようなエメラルドグリーンの色がついていましたよ。
これがまた意表をついて綺麗なのでした。いやぁー、いいもの見たって感じー。
(^o^)

青い海と空と暑寒の山々


今日は倶知安町は半月湖を目指して移動していました。
その途中、海の向こう側に見えた暑寒の山々があまりにも綺麗で、思わず雪原に上がって眺めていました。
1枚目はオリンパス E-3で撮影です。青いねー。
ホワイトバランスが5300Kですから、晴天設定です。
標準設定のコントラストが高いかも。でもオリンパスらしいね。




こちらはニコン クールピクス P310で撮影です。
これはなかなか良いです。色味の忠実度からいくと、ニコンかもねー。

そうだ、E-3のRAW現像のパラメーターを操作してみよう。




再度E-3です。コントラストを-2にして濃いブルーを緩和。
更に、ヒストグラムを見つつ+2EVの露出補正を加えました。

うん。オリンパスの味を残しつつ、現実に近い色合いです。
これならコッテリした色合いも緩和され、階調も豊かでいい感じー。

それにしても、山々が海の上に浮かんで見えて、絶景でしたー。
こんな景色に出会えてハッピー・ハッピー!
(^o^)/

夕暮れ時の風景(前田森林公園)


夕暮れ時の風景っていいですよねー。
なんかこう、太陽が朱く燃えている感じとか、空がピンク色に染まっている感じとか、雲が少しブルーに見えたりとか、白樺が風情を加えたりとか。



今日は、就職して地方に赴任した次男の日常の足を買うのに付き合いました。いや、いきなり戻ってきたのですよね(汗)。
そんな次男ですが、『最初はハイブリッドカーなんぞがいいな~。』、とか言っていたのですが、色々と現実的な経費面を検討した結果、軽自動車が良いとの結論に至ったようです。
『なかなか考えているな、次男よ!』 と言いたい!!(笑)

それで、メーカーとしてはダイハツがいいとのこと。
トヨタに就職した友人との会話で決まったらしい(笑)。
最初は燃費至上主義で、『ミラ イース』を考えていたようなのですが、実写に座ってみて何か『違う』と感じた模様。
身長が少し高めなので窮屈に感じたようです。
そこで、先日放映したカーグラフィックTVでも評価の良かった『ムーヴ』の展示車を色々と見てから試乗したところ、とても気に入った様子。

いやはや、最近の軽自動車は凄いね。
広いし、車体剛性も高いし、横滑り防止装置は付いているし、乗り心地良くてアイドリングストップはするし、レーダーを使った緊急停止システムはあるし。
それでいて価格は安いし、維持費も安い。
こりゃ、軽自動車が売れている理由が分かりましたよー。まいった、まいった。
(^_^;)

初任給という経験


そう言えば、初任給という経験は遥か昔だった。
あの頃は、研修中の身でありながら、そこそこの給料を貰えたことに驚いた記憶がある。

さて、うちの次男も初任給を貰ったと思われる。
そこで色々と質問のメールが来る。

生活費はどの程度か? クルマを買ったらどうなるか? どの程度の余力が残るか? などなど。
きっと戸惑っているのだと思います。うーん、そうだろうな。やっぱり良く分からないだろうなー。

ガンバレ、世の新社会人。なのでありマース。
(^_^)

低温で寒い朝


今朝も低温で寒い朝を迎えています。
雪融けが遅れて、農作業やゴルフ場の開業などに影響が出ているとのこと。
本当に寒いですねー。帯広方面などは積雪もしたらしい。
もしかしたら、札幌市南区の定山渓あたりでは積雪していたのかもね。



カメラの話題。
おおっ。これでフィルム時代の『GR1』と比較をしても、画質面で『所詮コンデジ』と揶揄されずに済みますねー。
性能的には、先に発売されているニコンの『COOLPIX A』と近い感じ。価格的にはより安価に設定されそうな予感。
なんとなく、使ってみたい気はします。小さいから便利そう。



写真は本流林道の奥から、漁川の上流域です。
(^_^)

添別 276m山頂から黒松内岳


添別の山頂から見ることが出来た黒松内岳です。
見る方向によっては、意外と山頂部が左右に長い形をしています。
黒松内町を代表する山、いいねー!



さて、本日は水曜日。もう4月も中旬になりました。
今朝は雨模様。でも気温は低く肌寒いです。夜には雪も降りそうな予報。
それでも雪融けはどんどん進み、桜の季節がすぐ近くまで来ている感じがします。

ポカポカ陽気はもうすぐ、もうすぐ。
(^_^)

もうすぐな話題(秀岳荘バーゲンセール、Windows XP 更新)


今朝は、もうすぐな話題を2つほど。

おっ、今年もやってきました、『秀岳荘 春のバーゲンSALE』。
全商品が値引きされるのですから、これは凄いことです!!
日頃から『欲しいな』と思っていた物がある人は、一考ですよー。




こちらは今朝の北海道新聞の朝刊より、これまたもうすぐな話題。
Windows XPのサポートがあと1年で終了してしまいまーす。

いやはや、私が使っているデスクトップパソコンとノートパソコンの何れもWindows XPなのですよねー。
人ごとじゃない、深刻な問題が発生なのでありまーす。
あと1年以内にパソコン本体ごと更新しようかと思っています。
でも...いつにしようか...考えちゃいますよ。ムムムッ。
(-_-;)

フキノトウの白和え & 煮豆


昨日はニセコ方面へ。
天候は風雨なれど、あわよくばどこかを歩けるか? などと思っていましたが、やはり風雨強し。

仕方がないので、温泉でゆったり、のんびり過ごすこととしました。

写真は昼食時に食した『フキノトウの白和え』。
爽やかな春の苦みが良かったです。豆腐とフキノトウって合うのですね。




苦みのあとには、煮豆の甘味で口直し。
いやぁー、これって完璧です。
この後、お茶を“ズズズーッ”と飲んで、『ほっ』としているのですから、いったい何歳だ?っちゅーの!(笑)
(^_^;)

記憶に残る風景(黒松内町 添別 276m山頂)


写真は以前紹介した黒松内町 添別の276m山頂の一枚です。
いつまでも記憶に残る、鮮烈な印象がありました。とても良いところです。

年に1~2回、いや、欲張りなので数回ほどで良いので(笑)、こういう経験をしてみたい。
(^_^)

OLYMPUS E-3 リモートケーブル端子キャップ


先日の宮島沼→青い池→白金温泉の撮影の時、それは起きた。
なんと、青い池で撮影中、何かがおかしい事に気が付いた。

『...?...E-3の?キャップが無い?』

そう、E-3の側面にあるリモートケーブル端子のキャップがいつの間にか取れてしまっていたのです。
自宅を出る時には確かに存在していたので、これは宮島沼か青い池で外れてしまったものと思われます。

まあ、気にするほどのことでも無いか! そう思っていたのですが...
このカメラ本体の側面というのがくせ者でして、側面に金属の出っ張りがあると、結構色々な部分にぶつかってしまうのでした。
こっ、これは...色々な意味で危険なのです(この構造、工業デザインとしては、あまり良く無いね!)。

では部品を買いましょう。そう思い、ネットで探しても...無い!
仕方がないので、オリンパスカスタマーサポートセンターに連絡を入れたところ、郵便の定額小為替を送ると調達可能とのこと。
さっそく郵便局へ行き、定額小為替を購入し郵送です。それが先週のこと。




それで本日、オリンパスプラザ東京からリモートケーブル端子キャップが送られてきましたー。
(^^)//""""""パチパチ。
おおっ!たったこれだけの部品ですが、エライ手間がかかっての到着であります。でも無いと困るし、仕方がありませんな。




では、さっそく装着です。
今回は、少し強めにトルクをかけてキャップを締めました。
だって、また紛失すると面倒なので...
うん。やはり納まるべきところに納まった姿はいいものです。
あーっ。直って良かった。なんだかスッキリしましたー。



さて、本日は愛車アイシスくんの定期点検+エンジンオイル交換+タイヤ交換+ワイパーブレード交換を実施しました。
すっかり夏仕様に変更であります。
ゴールデンウィーク頃までは、峠越えをする場合はスタッドレスタイヤの方が良いかと思ったのですが...やっちゃいました。
うーん。遠出する時には注意しなくてはいけませんねー。まっ、いっか。
(^_^)

美瑛町 白金温泉 白ひげの滝


美瑛町は白金温泉には、美瑛川に注ぐ『白ひげの滝』があります。
見ての通り、お髭のような流れから、このような名称となったのでしょうねー。

良く見ると、滝は2種類の地層の間から流れ出ています。
写真を良く見ていただくと分かるのですが、下の濃い色の層と、上の明るい色の層、この狭間から流れ出ています。
確か富士山麓にも『白糸の滝』という、溶岩層の間から出てくる滝がありますよ。

それにしても、滝も綺麗ですが、やはり美瑛川はいい色をしているなぁー。と思う訳です。
いいね、ここ。
(^_^)

美瑛町白金にて ブルーリバー(美瑛川)


ちまたではブルーリバーと言われている美瑛川。
自分の目で見ると、この日はエメラルドグリーンに近い色でした。でも、一般的にはブルーリバーなのでありまーす。


この写真を撮影後、『十勝岳火山砂防情報センター』へ。
お目当ては、十勝岳の噴火についてお勉強ができる3D映画を見ること。
3Dメガネをかけて、立体的に飛び出す大噴火や十勝岳の生い立ちを知ることができました。
まるで子供の頃に戻ったかのような気持ち。
各種火山弾の展示物も面白かったなぁー。皆さん、行ったことがあるのかな?入館は無料だよ!
(^_^)


撮影機材:Nikon COOLPIX P310

美瑛町 白金からの十勝連峰


こちらは美瑛町 白金から見た十勝連峰の風景。
白金を訪れると、いつもここから風景を見てみます。

この日は晴れていて眺望がとても良く幸運でした。
良く見ると山の斜面が氷っているのか、鏡のように光っているところが多かったです。一度融けて、再び凍結したのかな?
双眼鏡でよくよく見てみたのですが、登っている人は居ませんでしたよ。

このように、まだまだ真っ白な世界なのですが、何故か春っぽく感じたのは暖かく風も無かったせいでしょうか。



ネットであちこちのホームページやブログを見てみると、そろそろフクジュソウやらフキノトウが咲いているようです。
ミズバショウが咲くのも確かもう少しですよね。
探してみなければ...
(^_^)


撮影機材:Nikon COOLPIX P310

十勝連峰 オプタテシケ山から十勝岳まで


『青い池』の撮影を終えた後、雪原から十勝連峰を眺めました。
この雪原は、雪が固く締まっていたため、スノーブーツで歩くことができましたよ。
積雪量は、まだ1.5m~2mはあったと思います。見渡す限りの広大な大地に積もっているのですから、もの凄い雪の量です。

撮影ですが、E-3のレンズを11-22mmに換装し、焦点距離を35mm換算で22mmに合わせて撮っています。
こんな空の時は、RAW現像のパラメーターをNATURALではなく、VIVIDにするのも気持ちがいい。
うん。確か実際もこんな感じの風景だったと思います。


この写真を見て思い出すのは、昨年は日帰りでこの写真の右端にある望岳台から、左端のオプタテシケ山を往復したこと。
うーん。とんでもない距離だと実感です。
もう一回やる元気は、ちょっと無いなぁー...たぶん。
(^_^;)

美瑛町 青い池 ...の中


午前8時前。ここは美瑛町の『青い池』。
とっても久しぶりに訪れました。いま時期は空いてます。

そして、いつもと違うのは、青い池を見ている場所なんだなー。




そう。『青い池』 ...の中なのですよね。ど真ん中。
いつもは遠くから見ていた水中に横たわる木も目の前です。




きっとこの場所から『青い池』を見ることが出来たのは、6日(土)の早朝がギリギリだったのではないかなぁー。
足下の感じから、そんな気配がヒシヒシと伝わってきたのでありましたー。
(^_^)


撮影機材:OLYMPUS E-3 + 14-54mm


※この時期は、雪と氷が緩んでいるので、中に入るにはリスクが伴います。
 水中に落ちると、深い場所では水深3~4mと聞いていますので、十分ご注意願います。

朝焼けと虹の柱


夜明けとともに宮島沼を後にしたその時、彼方に不思議な光景。
虹の柱が見える。道路脇にクルマを駐めて、しばし眺めていた。




早起きは三文の得。
いまや一文銭なんて無いのですが、三円くらいの価値はあったかも(笑)。

あっ。決してレンズのゴーストではありませんので。念のため(爆)。
(^o^)


使用機材:OLYMPUS E-3 + 14-54mm

日の出前の宮島沼


早朝5時ジャスト。
ここは北海道美唄市にある宮島沼。
ラムサール条約登録湿地なのでありまーす。




宮島沼ですが、今朝は結氷中。
白鳥たちは、氷の上で羽を休めていました。




あと15分くらいで太陽が昇ってきそうな空。
静寂な世界。そしてマイナス4度ほど。なかなか寒い。




上空の君たちには、太陽が見えているのだろうか。
君たちは、いったいどこに向かおうとしているのか。




空が朝焼けに染まってきた。日の出は近い。




まだ白き暑寒の山々も見えてきた。山脈が綺麗だ。




おはよう、宮島沼。
そして、私は日の出とともに、ここを後にしました。
次なる目的地は...

黒松内町 添別 276m山頂から寿都湾


いやはや、添別 276m山頂は本当にいいところ。
今度はなんと海が見えたのであります。木と木の間に寿都湾です。




ズームをしてみると、ほら、風力発電の風車も見えます。
背景には積丹半島ですねー。山は余別岳、積丹岳かな。

いやはや、こんな素敵なところが添別にあったとは思いませんでした。
歩いてみないと、登ってみないと分からないことはありますねー。
(^_^)