双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

最近の自分は、山で良く野鳥を見かけるというか、野鳥のことを少し気にかけるようになってきた。
それを写真に撮ろうかと思っても見たが、純粋に野鳥を観察する時間を楽しみたいとも思ってしまった。
最後までE-3用の600mmの望遠を購入しようか双眼鏡にしようか悩みましたが、結局、先ずは双眼鏡で観察するのが楽しいのではないかとの結論に至りました。





そんな訳で、さっそく懸案事項だった双眼鏡を購入してみました。
ネットで予習をしっかり実施し、いざ店頭へ。基礎知識があるので、店先にズラリと並んでいる双眼鏡の数々を目の当たりにしても、決して怯むことは無かった(笑)。
しかし、いざ選択するとなると外見では全く判断できず終い。

もう、こうなったらショーケース内の全ての双眼鏡を手にして、覗きまくって比較してやる! となった次第。店員さんは、ずっとつきっきりで大変だったと思います。
ニコン、キャノン、オリンパス、フジ、ビクセン、ツァイス、コーワなどなどの各機種について、『見え具合(以下、見え)』などのテストを繰り返した結果、選択したのが『Kowa SV32-8』でありました。





さて、何故このSV32-8を選択したのか、その理由ですが...
もう、それはですね、双眼鏡を覗いた時の『見え』の良さですよ。
この『見え』というものは、発色とか、にじみ具合とか、明るさとか、視野角とかが関係していまして、カメラのレンズでいうところの『抜けの良さ』みたいな感じと思っていただいて結構かと。
カメラだと写真の出来でレンズの善し悪しがある程度分かるのですが、双眼鏡だといきなり肉眼なので、その優劣が瞬時に分かってしまうのでありました。
いやはや、あらためて肉眼って凄いものなのだなぁーと思った次第です。





その優劣ですが、ひどいものでして、価格に比例することがとても多く、極端な例ですが20万円近いツァイスの双眼鏡なんて、覗くと『なんじゃこりゃー!』と声に出して言ってしまうほどの素晴らしさでありました。もちろん、購入なんて出来ないけれどね。
また、ピントのダイヤルを回した時の重さや、本体の重量と手にした時のバランスも重要だと感じました。

それで、このコーワの双眼鏡ですが、正直言って店頭に行った時は、まさかこれを購入することになろうとは思っていないメーカーとモデルでありました。
きっとニコンのモナークか、ビクセンのニューフォレスタかなーと。
ところが、比較して選んだのが『見え』とバランスが良く、価格もお手頃な2万円ほどのこれになった次第です。

いいですよー。これ。見え、抜群です。本体中央に入る赤いラインもカッコイイ。
また、防水ですし、視界がとても広いのです。野鳥を探す時に便利だと思うな。
更に、メガネをかけたままでも良く見えます。これは自分には重要なポイント。

いやはや、早くフィールドで使ってみたいです。
野鳥が良く見えるだろうか...いや、野鳥が居なくてもいいから早く使ってみたいです。
(^_^)

コメント

aki さんの投稿…
隊長さん、おはよーございます♪
双眼鏡、ウチもコーワです!(^_^)v
ダンナの記憶によると2007年購入でデザインも今のモデルとちょっと違いますが
色はやっぱりカーキです(ちなみに10×32でーす)
こちらにしたのは、カナダでネイチャーガイドをしてるいとこの勧めでした。
鳥見に興味を持つようになったきっかけもしばらくぶりにいとこに会ったことからで・・・・
思えばそれからデジカメデビューをしたり、高山も行くようになり山グッズも増え
お金のかかるデンジャラスな世界へ!?いや魅惑の世界へまっしぐらー!ヾ(;´▽`A``
罪深い男(いとこ)です(笑)

あ、話それましたが、最初、双眼鏡あると楽しいみたいだけど高っ!
と思ってましたら、春の西岡水源地で、ライカの双眼鏡を持ってるおじさんに出会い覗かさせてもらったら・・・・・
明るいー!よく見える!鳥でかっ!\(;゚∇゚)/
こ、これはやはり双眼鏡欲すぃ~と(笑)
ウチはネットで注文したので、他と見比べてはいないのですが
そうですか~抜けの良さがいいのですね。
今さらですが、安心しました(笑)
ちなみに、今はわかりませんが、ウトナイ湖のネイチャーセンターに置いてあるのもコーワでしたよ♪
あと、コーワではないですが知人のキャノンの双眼鏡は焦点を合わせてボタンを押すと手ブレが止まるようになっており
遠くて小さい鳥を見るとき、便利だな~と思いました。
(細かい手のブレで鳥がいなくなることありませんか?笑)

そろそろ夏鳥の飛来ですね~♪
コーワの双眼鏡でどんな鳥たち(生き物たち)に出会えるか楽しみですね~(^_^)v
あ、その前に息子さんの入社式ですか♪
期待をこめて息子さんのこれからも楽しみですね~(^_^)/
隊長 さんの投稿…
akiさんへ。

どもども、こんばんはー。
\(^_^

おーっ!akiさんところもコーワですかぁー。
いいよねー、コーワ。
値段は手頃なのに、見えが抜群なのでありマース。
どうしてだろう? なにか作りに秘伝な部分でもあるのかな??

ん?ライカの双眼鏡とな!
それは凄いね。ライカ、って名称が付くだけで、メッチャ高価になるじゃないですかぁー。
私もお金持ちならば、迷わずツァイスの双眼鏡を買うと思いまーす。
いつかはツァイスです(クラウンみたい(笑))。

あっ。知ってる、知ってる。キャノンの手ぶれ補正な双眼鏡。
でもさー、あれって、とっても不格好だよねー(笑)。
見やすいだろうけれど、姿形がスタイリッシュではないのですよねー。
あと、雨降りに弱そう。とか何とか言っていますが、手ぶれ補正はいいですねー。
斜面を登りきった直後に遠景の山脈を双眼鏡で覗いたら、腕がプルプルしていて山脈が全て震度7くらいでした(笑)。

あーっ。野鳥、たくさん見たいなー。
山の稜線からヒグマも見てみたいなぁー。

最後に、次男ですが、ただいま研修期間中につき、『まだ学校に行っている感じ。』とのメッセージが来ております(笑)。
まっ、そりゃそーだわなー。あははっ。
(^o^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)