今年の外遊びを振り返る

いよいよ大晦日でもあることですし、今年の外遊びを振り返ってみたいと思います。

そうは言っても、このブログには一年間の出来事が詳細に記録されている訳でして、ブログを見返すと自然と振り返ることが出来るのです。
だから、ここでは一番印象深かった外遊びを敢えて選ぶとしたならば...

やはり、念願だった利尻山に登ることが出来た事でしょうか。




この利尻山では、離島ならではの雰囲気を味わうことが出来ました。

先ず、とにかく遠いこと。海を渡って山に登るのですから、ちょっと異例な山です。

そして、気候の変化が目まぐるしい山だと言うこと。
晴れたり、曇ったり、土砂降りの雨になったりガスったり。気温の変化も大きかった気がします。

また、花の種類がとても多い山でもあり、中には下の写真のリシリヒナゲシのような固有種も咲いていました。
登っていくと、高度に応じて咲いている花がどんどん変化する様子は、なんとも言えない嬉しさがありました。




そんな綺麗な花達に囲まれながらの山行でしたが、厳しい一面もありました。

前を歩いていた方が突然倒れ、亡くなるという事故に遭遇したのです。
救助ヘリによる遭難者の収容の一部始終を見るという山行でもあり、山の優しさと厳しさの両面をかいま見た日でもあり、忘れがたい山となったものでした。


その他にも、真冬の糠平湖を歩いて渡り見たタウシュベツ橋梁も綺麗だったし、これまた真冬のラルマナイ渓谷をスノーシューイングしたのも印象深かった。
更には、久しぶりのニペソツ山や道東遠征の羅臼岳、斜里岳も良かった。


などなど、盛りだくさんの2012年でしたが、なんと言っても大きな怪我もなく楽しく遊べたことが、最も良かった事でありました。
やはり、心身共に元気で健康だということが、一番大切な事なのだろう。
そう思った大晦日なのでありましたー。

また来年も元気で健康に過ごせれば良いと思っていまーす。
同時に、皆様の健康も心からお祈りする次第です。
(^_^)

急に暖かい日


昨日までは、写真のようなフワフワのパウダースノーが楽しめる気温だったのですが、今日なんて日中は雨が降っていました。
急に暖かい日になってしまい、雪が溶けてツルツル路面となり、道路状況がとても悪いです。
これに加えて雪なんて降り出したものなら最悪かも知れません。

あっ。今年の山行を振り返る記事を考えなくては。
明日の大晦日にでもアップしようかなー。うん、そうしよう!
(^_^)

登り納め/藻岩山 慈啓会コース


今日は2012(平成24)年の登り納めにやって来ました。
登りに登った今年の最後を飾るのは、地元の藻岩山(慈啓会コース)です。




ここは冬でも非常に登りやすい山なのですが、やはり滑る箇所はしっかりとあります。
だから安全対策としていつもは軽アイゼンを使っているのですが、今日はホームセンターで購入した「アイス・スパイク』を装着しての実戦テストです。
これ、ゴムで簡単に装着できるスパイクでして、マイナス40度に耐える合成ゴムをしようしているとのこと。
まっ、マイナス40度なんて有り得ませんが...あっ、カメラを逆さまにして撮ったから、写真が逆さまだね(笑)。




取り付けたところを上から見るとこんな感じになっています。




さすがに飲んだ翌日なので、出発も超遅い12:40頃となりました。
でも、午前中は曇り空だったのが晴れて来たからラッキーです。




飲んだ翌日の登山は体が少し重いのですが、気持ちいい。
ほどなくして、高度が上がり札幌市内が眼下に見えるようになりました。




13:20頃、『馬の背』までやってきました。
なかなかいいペースでの登坂です。ここに来る頃には体もかなり軽くなっていました。




まさに『馬の背』って風景です。
ここから向こう側が山頂方向です。ここは眺めがいい道なんだよねー。
登坂中、左を見ると木々の間だから札幌市内と遠くの山が見えるのです。




ほら、『馬の背』から見える札幌市内と暑寒の山々です。




冬ならではの光を浴びながらの登坂。気持ちいいー。
この辺りの気温はマイナス8度ほどだったかな。
肌を刺す寒さなのですが、私の上着は薄手のシャツ2枚。
しかも、腕まくりをして登っておりました(あーっ、またやっちゃった!)。




13:40、藻岩山の山頂付近に到着でありまーす。
冬は汗だくにならないので、いいペースで登ることができるなぁー。
そうそう、今回使用した『アイス・スパイク』ですが、スノーブーツに装着してみたのですが歩きやすいです。
軽アイゼンよりも歩いた感触に違和感が無かったです。お値段も安いし、この冬はこれを愛用してみようかと思います。




さて、せっかくの青空です。山頂の展望台(屋上)に登って風景を撮ってみました。
そうそう、今回使用しているカメラは防水タイプのリコー PXです。
吹雪いても撮影ができるようにと機種選定をしましたが、天気が良くて本領を発揮せず(笑)。

上の写真は石狩湾方向を撮ったものです。
写真を大きくしてみて貰えば分かると思うのですが、海がしっかりと見えていますよ。




こちらは暑寒とかピンネシリなどがある方向かなー。




今日は遠景が良く見える日だったので、このように芦別岳が見えていました。
これって凄いかも。冬にここから見たのは初めてです。




それだけではなく、右端の方に△頭がチョコンと見えているのが十勝岳。
その左に微かに見えているのがトムラウシ山、そして真ん中ちょい右の山塊が旭岳を中心とする大雪山でありまーす。
いやぁー、登り納めに相応しい、素晴らしき眺望に感謝、感謝、感動です。




それらの風景を広角端(28mm)で撮るとこんな感じ。空が青い!




こちらは樽前山・風不死岳、恵庭岳の方向です。中央チョイ左に風不死岳がよく見えます。
恵庭岳は写真の右に山頂が雲の上からチョコンと見えていたのですが、写真では分かりづらいな。




こちらは右から札幌岳、狭薄山、空沼岳の方向です。
こちら方向は少し雲がかかっていますが、それでも眺望はマズマズでした。


この後、山でカップ麺を食べて休憩後、15時過ぎに下山完了。
心地よい疲労感がたまりませんでした。


そんなこんなで無事に登り納めが終わりました。
思い返すと、今年も色々とあちこちに出動していたものだ。
時間はたっぷりとあるので、これからしみじみと今年の山行を振り返ってみたいと思います。
(^o^)

最終忘年会


昨夜は仕事納めの後、今年の最終忘年会でありました。
行きつけのお店でこーんな刺身や...




こーんな刺身、そして奥の包みたいのはアジのナメロウ。
これがまた絶品なんだなぁー。美味いのなんのって。




鍋は牡蠣の土手鍋。味噌と野菜がたっぷり。これに牡蠣。
この残り汁にうどんを入れて、締めさせていただきました。

帰路は、コンビニで買ったウコンキャンディーを寒空の下で一気食い(笑)。
これにて一年が無事に終了した気がいたしました。
(^_^)

仕事納めに先立っての除雪


本日は仕事納めです。
仕事の内容は全然納まっていないのですが、それでも仕事納めというのですから、まあ、今日はそういう事にしておきます。

そして、今朝もとても冷え込みが厳しく、『しばれ』ています。




今朝の札幌市の積雪量は2cmとの事でしたが、今朝もご覧の通りの置き雪がありました(写真の人物は長男)。
このままだと車庫から車が出ないので、除雪を開始。
今日の置き雪は氷の大きさも昨日よりは小さめで、若干許せる気がしました。昨日の置き雪は酷すぎた。




20分程の作業の末、この通り綺麗になりましたが...




自宅横の小路を見るとこの有り様です。
もう道路脇には『3m級の名峰』(笑)が出来上がっていたりして、車も1台通過するのが精一杯の状況。
これ、どうするのだ? って感じであります。


とか何とか言いつつ、さっ。仕事して、忘年会に行こう!
(^o^)/

今夜も「しばれる」ぜ!


いやはや、今夜も『しばれる』(寒い)。
今でマイナス8度ほどかなー。

おっ。今の若い人達は、『しばれる』とか『しばれた』とか言うのかな?
これ、確か北海道弁だと思うのですが、『なまら』ほどメジャーではない気がします。


写真は我が家の玄関にあるガラスの様子。
『しばれる』感じがヒシヒシと伝わるでしょう?!
(^_^)

今朝も幹線道路の置き雪を除雪だ!


今朝も我が家の前には幹線道路を削った置き雪がどっさり。
これが札幌市の現状なのであります。人に優しくないなぁー。
固く締まったこの置き雪、氷の板みたいです。まいった。
取り敢えず、必死の形相で写真の端から端まで除雪開始です。




約40分の格闘の末...
なんとか綺麗に除雪が完了致しましたぁー。
まったく、朝から超肉体労働であります。これから仕事だなんて、信じられなーい!
(-_-;)

ここのところ毎朝除雪


今朝は昨日よりも冷え込みは緩みました。
でも、それなりのマイナス気温。マイナス7~8度の模様。




そして、今朝も家の周りには15cm程の積雪がありマース。
今シーズンは長男が除雪を手伝ってくれるので大助かり。
それでも早朝から40分は除雪をしていました。ふうっ...
(^_^;)


皆さん、毎日の除雪、本当にお疲れ様です!

今朝はマイナス17度


いやー、今朝はメッチャ寒かったです。
通勤時間帯の札幌でもこの気温だものー。
早朝の日の出前に除雪をしていた時は、いったい何度だったのやら...




そして。今夜、帰宅時に夜空をパチリ。
月って明るいのですねー。P310で手持ち撮影してみました。




画像処理をしてみたら、肉眼では見えなかった星々がたくさん出てきた。
写真をクリックして、大きくすると良く分かりますよー。
(^_^)

寒中ハマナス(クリスマスの赤色)


いよいよ12月25日になりました。クリスマスです。

昨日は手稲山でこのハマナスの実を撮っておきました。
サンタクロースの赤。真っ赤なお鼻のトナカイさんイメージなのでありました。

ちょっと枝のトゲが痛そうだけれど、まっ、いっか。
(^_^)

Merry Christmas !


メリークリスマス!
皆さん、どんな夜を過ごしているでしょうか。




外出先から戻ってみると、クリスマスプレゼントが届いていた。
最近のサンタクロースは多忙なようで日中に家々を回るみたいでして、更に、巧みに日本郵便の社員に変身していたようでありマース(笑)。


小さな声で...『なおなおさん、ありがとう!ねっ!!』
(^_-)-☆

北海道苫小牧市 七条大滝に行ってみた


いやはや、昨日は忘年会で5時から深夜まで飲んでいた。
ビール、老酒、ワイン、日本酒...浴びるように飲んだので、今朝はやはり出遅れた(笑)。

グダグダの体調で時間的に出遅れ気味でも楽しめるところは...
『そうだ、七条大滝でも見てこよう』と相成りました。

現地に到着してみると、ありゃ、意外と積雪しているなぁー。
でもツボ足でドンドン歩いていける状態です。




空は青空。ハッキリ言ってスンバラシイ天気でありまーす。
いやぁー、グダグダの体調でもやって来て良かったと思いました。




歩いていると、変な汗が出てくる。でも、妙に気持ちがいい。
『体の中から不要な物が抜けていくー。』 なんて思いつつ、奥へ奥へと歩いていくと...




はい。滝がある谷間に下りていく道から、さっそく七条大滝が見えました。
おおーっ。大きなツララがたくさん見えます。これは予想以上だなぁー。




急な坂を慎重に谷底まで下りると、こんな風景が目の前に“ドーン”。
滝が目の前で迫力あるぅー。もう、『ドドドーッ!』と水の落ちる音が凄いのです。




周囲の様子を一通り見て撮影が終わってからは、昼食としました。
今日は寒いので、来る途中のセブンイレブンで買ったこれを食べます。
名付けて、『大滝鍋焼きうどん』でありまーす。
冬はやっぱこれだわ。熱々を心おきなくゆっくりと味わうことができました。

この後、珈琲を入れてくつろいでいると...
目の前にエゾオコジョさんが登場。エゾオコジョさんは、マイナス気温の中でも川を泳いで渡っていました。
凄いぜ、エゾオコジョさん!今度は撮影させてくれぇー!!




最後に、七条大滝の様子を動画撮影したのでどうぞ。
今日の撮影機材は、全てニコンのP310。動画を撮ったのは初めてでありました。
動画ですが、少し露出オーバー気味になるクセがあるようです。
(^_^)

雪面とドライフラワー


三角山の『八の坂』あたりで撮った一枚。
フワフワ雪面にドライフラワー。シンプルな写真だね。



ここのところ忘年会なる飲み会続き。
今夜も忘年会なんだなー。これがまた。
でも、楽しい忘年会ばかりで幸せなんだなー(笑)。これがまた。
アハハッ。
(^o^)

車中から「さっぽろホワイトイルミネーション」


昨日は山の後、渋滞に巻き込まれつつ定山渓の温泉へ。
体を温めほぐした帰路、せっかくなので今やっている『さっぽろホワイトイルミネーション』でも覗いてこようかと思い立った。

ところが、札幌市中心部はもの凄いツルツル路面。
当然の事ながら、どの道路も大渋滞なのでありました。
大渋滞の中、やっと大通公園に到着したものの、その頃には駐車場に車を入れて撮影する気力はまるで無し(笑)。
渋滞の車中から眺め、片手で撮影してお終いとしました。

写真、夜の青空がいいねー。
(^_^)

真冬日の三角山で昼食を


本日は今年最後の計画休暇。となると、やることは1つ(笑)。
真冬日で滅茶苦茶寒い日なれど、天気が良いので三角山に登ることにしました。
この山、平日でも登る人で賑わっている。いい所だなぁー。




登っている時に、こんな風景を見ると綺麗で痺れる。
痺れた時にはカメラを出して撮影することが大切だね。
今日のお供もニコンのP310。ここのところ、ずっとこればかり使っています。




ほどなくして山頂に到着です。
札幌市中心部の風景、いいねー。冬は建物の屋根に雪が積もっているから、夏とは違った独特の風景となっています。これがまたいい。
ここに至る登坂の途中では、石狩湾の海岸線もよく見えて、なかなか満足感が高かったですよ。




さて、当初は山頂で昼食とする予定だったのですが、風が体に直接当たるので寒くて仕方がない。とても山頂での昼食は無理な状況でした。
そこで回避策として、山頂から少し下った稜線を踏み踏みして開拓し、座ったら体が防風されるスペースを作り、そこで昼食にしました。

では、本日のメニュー。
今日はパーコレーターでお湯を沸かし、カレーヌードル+ワサビたらこおにぎり。
食後、パーコレーターの残り湯に水を足して沸かし、珈琲を入れて飲みつつデザートとしてシュークリームをパクつく。
下界でこのメニューだと非常に質素。でも、ここでは最高に贅沢な食事となるのでありましたぁー。

何だかんだで長居をし、とても良い時間を過ごした訳でありますが、如何せん山は寒かった。いや、超寒かった。
下山する頃には、掌の指先が寒さで痺れてしまうほどとなり、体の芯から冷えちまったあぁー。
うーん。当たり前だけれど、やっぱり冬の山は寒いですね。低山でも舐めたらだめだぁー!(笑)
(^_^;)