美瑛富士へ(10:40~11:36)


相変わらず花の撮影が忙しい(笑)。
はい。これはアオノツガザクラさんです。先端に鶴のように首を長く出して、首をもたれてピョコンと咲いています。
可愛いです。



こちらは小指の爪ほどの小さな花。
エゾヒメクワガタさんたちです。この子たちも、本当に小さな花ながら、山ではとっても目立つスター的な存在でありました。
何故か見つけると嬉しくなるのです。可愛いのは役得?(笑)

あっ。この写真は滅茶苦茶大きく掲載していまーす。小さい小さい花、たまには大きく見たいでしょ?!



少し疲れてきた足に気合いを入れ、このような雪渓を更に進み...



やっと美瑛岳避難小屋のある場所までやってきました。
あ~っ。もう11:06です。どうしよう...と思いつつ石垣山、いや、ナキウサギさんの歌声が響くピチピチ山をパチリ。
この後、すぐに山頂部は見えなくなっちゃいました。天気、回復しないなぁー。と思いつつ前進。



前進すると、またご褒美が現れた。うひょー。
石垣山の麓はチングルマ畑。もう、ずーっとチングルマ。
登山道のすぐ横までチングルマ。いやはや、凄い、凄い。見応え、十分であります。



こちらはチングルマさんたちとコラボしていたミヤマキンバイさんたちかな。
チングルマさんの勢力に圧倒されてはいましたが、所々で咲いているのが見られましたよ。



あっ。一瞬、美瑛富士の山頂が見えた!
うーん。時間も押してきたので、花撮影は一旦中止して、ひたすら美瑛岳・美瑛富士の分岐まで急ぎます。
ちなみに、この辺りではキバナシャクナゲ、イワウメさんたちが頑張って咲いていました。



はい。ただいま美瑛富士の裏手にトラバース中です。
一瞬、正面に美瑛岳の斜面が見えた!

この辺りで、一人のご年配のベテランさんとすれ違いました。
そのベテランさんが興奮気味に教えてくれるのです。
『いや、あんた、これから美瑛富士に行のかい?』
『あのね、コマクサ!コマクサがいっぱい咲いているのさ!』
『中腹くらいに咲いているのさ。いやぁー、良かったわー。』

私、『...マジ?』です。
テンション、俄然上げ上げになりましたとも(笑)!!!



更に進むと、分岐手前には大雪渓。
この巨大な雪渓を越えると、今度は美瑛富士の斜面をほぼ直登開始となるのでありまーす。


いやはや、最終回は明日の朝にアップすることになりました。意外とまだ写真がありました(汗々)。
一週間、丸々かけての美瑛富士の山行も明日の朝で今度こそ終了予定です。
あと一回、頑張ります!
(^o^)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)