猛暑のチセヌプリ


暑中~♪お見舞い!申し上げ~ます~♪(キャンディーズ風)

猛烈に蒸し暑い日々、皆様も大変かと思いまーす。
私もなかなか寝付けない、熟睡できないという状況。

ええい!家に居ても暑いだけだ。しゅ、出動!!

そんな訳で、ニセコにやって来たのですが、ここも暑い。
かなり蒸し暑い。正直、『これで登るか?』と思ったほど暑い。



でも、チセヌプリなら“サクッ”と行けるよね。
そう思い、軽い気持ちで登山口に到着です。
もう11時なんだよなー。あじ~な~!
おっ。山頂が見えているぞ。あそこまで頑張るかなー。
(^_^;)




こんな巨岩を『ふんっ!ふ~んっ!!』と登っていきます(笑)。
この巨岩地帯は、木々に覆われていて風が来ない。
しかも湿気有り。ただでさえ蒸し暑いのに、ここは更にレベルアップな地帯なのでありまーす。
当然、汗が噴き出す。そう、体全体から噴出するのでありまーす。
もう、グッショリ。
(-_-;)



しばし登っていくと、巨岩地帯も越え、見晴らしが良くなります。
ここまで来ると、風が体に当たるようになりましたー。
いやぁー、やっと清々しい感じであります。気持ちいい~~~!いや、ほんと。
見えているのは手前がニトヌプリ、奥にチラッと見えているのがイワオヌプリです。



正午前に山頂着。妙に“サクッ”と来たもんだ。
でも、体中ビッショリ。最近では新記録なくらいの汗でありまーす。

正面にはシャクナゲ岳が薄く見えています。



こちらは山頂にある小さな沼です。
あそこまで行ってみたいけれど...道は無し。



ほい。一応、押さえとして山頂ね!1,134mと記されていました。
この後、お腹が空いたのですぐに下山を開始。約40分で登山口でありましたぁー。
いやぁー、ほんとすっごい汗が噴出した登山でありました。
この程度にしておいて良かったです。猛暑、恐るべし。


次回からは、ぼちぼちと花や昆虫を紹介していきますねー。
(^o^)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんばんは。
私も樽前だったから大して人のこと言えないけど...こんな暑い中、チセ行ったんですか??
だって、この山、秋に登っても暑いじゃん!!

登山口が見たことない感じなんですけど...
「サクッ」と行けるよねとか言ってるならパノラマラインからですよね。
でもこんな洒落た看板なかったし...まさか湯本温泉からってことは...
でも2枚目の写真がかなりそれらしい雰囲気をかもし出していたりして(^^;。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

おはようございます。
スズさんも樽前だったのですねー。
暑くなかったですかぁ~?

そうそう、そうです。
登ったのはパノラマラインからですよ。
そう、こんな洒落た看板、無かったですよねー(笑)。
いつの間にか出来ていました。

この時期、大雪以外は、登っていて暑いですね。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)