久しぶりのニセコアンヌプリ(その1)


7月21日(土)は前日にガッポリ飲み過ぎで二日酔い(笑)。
当然、早起き不能。でも、動かないと多分一日寝ている。

そんなこんなで、スロースタートでニセコアンヌプリへ。
10時過ぎに登坂を開始です。
天気は曇り。山頂付近は雲がかかっている様子。



この日の主役は二種類。このシロバナニガナさん。



そして、このハイオトギリさんがこの日の主役。
ハイオトギリさんは、こんなポツンと咲いていた訳ではありませ~ん。
ジャンジャン、バリバリ、ドッサリとあちらこちらに咲いていました。



こちらは?シラタマノキさん?



象さんの花のような君は? ミヤマホツツジさんかな。



足下の草の中に隠れていたのはリンドウくん。



マイヅルソウ達は、赤い実になって次世代へ向けた準備中。



夏の花火のような君たちは、ヤマブキショウマだね。



この特徴的な姿は咲く前でも分かるよ。
君はヤマハハコさんだね。もうすぐ咲き誇るのでしょうねー。



中腹辺りにたくさん見られたのはノウゴウイチゴさんたち。

もう少し続きますよー。
(^_^)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです、こんばんは。
隊長さんは二日酔いでも元気ですね。

やっぱ象さんですか...私もそう思いましたミヤマホツツジ。

マイヅルソウってこんな立派に実を付けるんですね。
可憐な花からはとても想像できませんね。

イチゴも美味しそう(^^)。食べちゃいたい...ダメですね。
撮っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけです(^^;。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

おはようございまーす。
はい!二日酔いでも強制起動でした(笑)。
登りの歩みはノロノロでしたけれど(汗)。

マイヅルソウの実、可愛いですよね。
この実、もっと熟すと真っ赤になり、更に完璧に熟すと光に透けるようになります。
まるでルビー。
そうなった宝石のような実を見るのが好きです。

イチゴ、きっとヒグマや小動物の大好物なのだろうなー。
そう思いながら眺めていました。
人間も大昔は食べていたでしょうね。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)

足寄町 オンネトーの秋(2017年9月30日)