美瑛岳分岐から美瑛富士分岐を通り石垣山へ


美瑛富士が近づいてくると、良く見かけるようになったウサギギクさん。
葉の形がウサギの耳に似ていることから、この名称になったのだとか。



おっ。美瑛富士さん、ガツンと見えてきました。
ところが気になるのが右からやって来た巨大な雲。
おいおい、君、それは無いだろう!



岩が多い地帯を歩いているとエゾイワツメクサさん登場。
ほっそりとした姿は、山で見るととても可愛いのであります。



どうしても真上から撮りたくなるヨツバシオガマさん。
この花の幾何学模様は、どうしても科学を思わせるのです。
緻密な計算のもと、この姿になりました! みたいな。



なーんて、呑気なことを言っている場合じゃありません。
びっ、美瑛富士が...雲に飲み込まれてしまう...
これじゃ、先週の美瑛富士登山と同じ状況に...まったくもう!



せめて美瑛富士の姿が見えているうちにコマクサさんと2ショットを撮らなくては!
この荒れ地に寝そべり、花目線でアングルを決め撮りました。
嗚呼、このワンショット、山っぽくて好きです。私はお気に入りなのですよねー。撮る時、体が石で痛かったけれどね(笑)。



とうとう美瑛富士へ登る分岐までやってきました。
分岐点では、数人の方々が休まれていましたよ。
私はまったく時間の余裕がないので、休憩無しで素通りでしたー。
だって、もう9時なのですもの。



そして、ナキウサギさん達の励ましを受けつつ、真っ白な石垣山をひたすら登るのでありました。
この後、眺望はまったく効かず終いとなりました。

さて、何だかんだで長編になったオプタテシケ山編、次回、花を紹介して完結しようかな。
更にその他として、あとで番外編を紹介しようかな。内容は、『ある動物』の物語でありまーす。ナキウサギさんではありませんよー。
(^_^)

コメント

スズ さんの投稿…
隊長さん、こんにちは。
ありゃ、今回は石垣山で終了ですか?

表大雪から数十キロしか離れてないのに随分と天候が異なりますね。
私は晴天の山を謳歌していたというのに...

エゾウサギギクいいっすねぇ。高原温泉のはもうシオシオでしたから、
私も活き活きしたのが見たかったです。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。
いえいえ、石垣山では終わらせませんよ~。
あと1回で山頂まで強引に持って行きます(笑)。
よろしくお付き合い願います!
m(__)m

そうですよねー。
スズさんは晴天を謳歌。
私はガスを謳歌。でも、涼しくてメッチャ快適でした。

エゾウサギギク、高原温泉は終わっていたのですね。
まあ、いいこともあれば、残念なこともある。
これが山のいいところ、かな。
(^o^)

では、飲み会、いってきまぁ~~~す!
ヽ(^o^)丿

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)

足寄町 オンネトーの秋(2017年9月30日)