中岳~間宮岳


北鎮岳を下り、風変わりな岩石を横目に中岳方向へ。



足下には蝶。何ていう種類かな。ウスバキチョウさん?
少し羽の色が薄いというか、淡い感じがしました。



中岳に到着。この時点で正午。
お鉢平の遥か向こう側には、北海岳が見えていますよ。



12:41、間宮岳までやってきました。
正面に黒岳が見えています。遠くまで来た感じ。
ここでは2名の方がベンチに寝転がって休憩をしていました。
話を聞くと、旭岳から北海岳をピストンだそうでした。

いよいよ今夜、北海岳でお鉢一周の記録は終了できるか?(笑)
(^_^)

コメント

ezomomonga さんのコメント…
はい!ウスバキチョウさんです!!
いいな、いいなぁ~

ウスバキチョウは羽化したばかりの時は赤い斑紋が目立つのですが(もちろん黄色も濃いです)すぐに薄くなってしまいます。
そして全体的にぼやけた色に(笑)
このぼやけた時に見てしまうと「これはウスバキチョウ?」となってしまうんですよね~(笑)
隊長 さんの投稿…
ezomomongaさんへ。

あっ。やっぱりそうですか。
ウスバキチョウさん、なかなかのシースルーでしたよー。
この写真でも見ての通り、羽が透けて下の石が見えるのですから。

そうですかー。
羽化したばかりの時は、色が濃いのですね。
そうそう。ぼやけた色。
色が薄くなっているけれど、でも黄色も見て取れる蝶、ってことで、ウスバキチョウなのかな?(笑)

この子は、意外と警戒心が薄バキで、簡単に近寄ることが出来ました。
(^o^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)