お鉢平展望台(2020m)付近


右手に北鎮岳を眺めつつ、雪渓の斜面を登ります。



2020m、お鉢平展望台に到着です。
シーズンピーク時には、ここは大勢の人で賑わっているのですが、この日はとても静か。
静かな山、いいです。



北鎮分岐へ登坂開始。
間もなくオオイワツメクサを見つけました。まだ咲き始めでしょうか。



そして、上の写真の背景に写っていたエゾタカネスミレは花盛り。



更に斜度を増した雪渓を登坂。
向こう側にはお鉢平が見えています。
ここは斜度がキツイので、足運びは自然と慎重になります。



雪渓を過ぎると、ミヤマタネツケバナの小さな株がありました。
この後、北鎮分岐を過ぎた辺りで、もっと大きな株を見かけることに。



なーんて書いているうちに、既に水曜日になってしまいました。
もう少しピッチを上げないと、また週末になってしまいそう。
焦るなぁー。
(^0^;)

コメント

スズ さんの投稿…
ああ、そうそう、この北鎮の雪渓も大嫌いです(^^;。
去年は山開きの日と夏休みに2回通りましたけど、
2回ともトラバースしてやり過ごしました。
そして更に2回とも帰りにこの雪渓を下る気になれず、
北海岳まわりで御鉢を一周した覚えがあります(^^;。

それにしてもエゾタカネスミレきれいですね。
これを見るためなら雪渓ぐらいなんのそのですけど。

しかしお互い写真の整理大変ですね。
花とかは念のため図鑑確認したりとか風景以上に神経使いましたが、
私は何とか全部終わってブログアップしました(^^)。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

あははっ。北鎮の雪渓も傾斜がきついですからねー。
やっぱり嫌いでしたか(笑)!

エゾタカネスミレ、いま時期ですね。
はい。こんなに綺麗な花を目の当たりにできるなら、多少は頑張ってしまいますよね。
でも、実際は、どのような花が咲いているのか、現地に足を運ぶまでは分からないですよね。
なんというか、一種のドキドキ感というか、ワクワク感というか。

そうそう、そうですよね、写真の整理...
最近、必要以上に写真を撮らないように心がけているのですが、それでも撮る枚数が多いような...
これってデジタル化の弊害かなー。
銀塩の頃って、一発必中でしたよね。
(^_^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ