黒松内岳とライトグリーンのブナ


昨日は体調最悪で一日潰して静養をしていた甲斐があり、本日絶好調。
そんなこんなで家を飛び出し、黒松内岳までやってきました。
本日は晴天なり。10:11、いざ登山を開始であります。
あっ。でも、確かまだ山開き前なので、念のため。



いきなり急坂が始まる黒松内岳。これ、すっかり忘れていました。
でも、芽吹いたばかりのフニャフニャに柔らかいブナが迎えてくれると、急坂なんてなんのその。
元気いっぱいになるのです。新緑パワー炸裂!(笑)



あー。それにしても急坂だわー。



でも、見上げれば青空。
しかもライトグリーン・シャワー。新緑ブナからパワーを貰いつつ登ります。



11:14、おーっ。黒松内岳の山容が見えてきました。
この辺りからはお花畑となっていましたよ。
花は次回以降、順次紹介していきたいと思います。



11:50、8合目、9合目のロープ場を無事に乗り切り、山頂に到着です。
(とてもロープ場で撮影する気にはなれず!)
山頂の看板が取れていたので、それを使ってお隣の長万部岳をパチリ。



ついでに大平山をパチリ。まだ雪が多いですねー。



いま登ってきた稜線と、ニセコ連峰方向をパチリ。
ニセコ連峰と羊蹄山も写っているのですが、ちょっと薄くて分からないかも知れません。


その後、12:00過ぎに下山を開始し、13:30に下山完了となりました。
途中、迂回路を通り、ブナの原生林を見てきました。
うぶ毛の生えた開いたばかりのブナは、本当に可愛かったのでした。


そうそう。もうブヨがウジャウジャ飛び交っています。
黒松内岳を登る時や、ブナ林を歩く時には、ハッカ油が必需品ですよー。
私も右手首に一カ所被弾を確認しました。
もちろん、その後、蕗(ふき)の茎の汁を患部に擦りつけて治療しておきました。
えへっ。痒みも腫れも無しでありまーす。
(^_-)-☆

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)