いま時期の黒松内町 歌才ブナ林


添別でフクジュソウを観察した後、やって来たのは歌才ブナ林。
もう少し雪が少ないと思っていたのですが、『なんだ、こりゃー!』。
想像以上に雪が残っていましたが、ツボ足で進撃開始。



歩いて程なく、遊歩道の眼下に湿原が現れます。
夏場は遠くから眺めるだけの湿原も、いま時期は雪の中を下っていけます。
そして、湿原の中を歩いていると...



はい。ミズバショウが咲き始めていました。
清らかな水の中に咲く白く可憐な花。本当にいい眺めです。



そして、あちこち探し歩いていると、はい、見つけましたよ。
エゾノリュウキンカです。湿地に咲く、春の訪れを告げる花です。
フクジュソウ、ミズバショウ、エゾノリュウキンカ。
これだけ観察することができれば、言うこと無しなのでありまーす。
(^_^)v

コメント

mori さんの投稿…
黒松内の雪の量、すごいですねー。
とても4月とは思えません!
今シーズンはほんと、どこも雪が多く残っているみたいですね。
でも、その雪の中で水芭蕉やエゾノリュウキンカに会えたら
嬉しさもひとしおですね。
隊長 さんの投稿…
moriさん、お晩です。

でしょ、でしょ、凄い雪の量でしょ!
現地に到着するまでは、これ程とは想像していませんでした。

本当に、今シーズンは残雪が多いですよねー。
それだけ多くの雪が降り積もったのか、それとも寒冷だったのか。

太陽の地磁気に異常が発生しているようですね。
もしかすると、地球は急激な寒冷化への道を突き進んでいるのかも知れません。

温暖化だと言っていたら、いきなり寒冷化だとか言い出す始末。
もしかしたら、寒冷化へ進んでいるのが正解なのかも知れませんね。

だとしたら、いままでの国際協調の活動って、いったい...
(^_^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)