26日は『サクッ』とチセヌプリ



ここのところ連チャンで登山をしていたので、ちょっと足腰がお
疲れ気味。そんなことなので、今回はサクッと登れる蘭越町は
チセヌプリに久しぶりに行ってきました。お天気は雲がモクモク
と立ちこめていましたが、基本的に晴れ。青空と雲がいい感じ
~っ!



数年ぶりのチセヌプリ。微かな記憶では、確か岩が多かったよ
うな...なんて思いながら歩いていたら、すぐに岩の連続とな
りました。登坂距離が短いけれど、この岩をクリアしつつ登るの
が面白いのです。それにしても...股が裂けそうになるくらい、
思い切り開脚しての登坂です(笑)。



登っていると、葉が紅葉した数種類の高山植物が目に付きまし
た。ウルシの葉は真っ赤になっているのが多かったなぁ。写真
はイワベンケイかな?



気楽な気持ちで登っていたら、アッというまに山頂に到着でした
。こういう『サクッ』と登って眺望を楽しむ登山も、久しぶりにやっ
てみると、これはこれで面白いし楽しいと思いましたよ。

上の写真は、ニトヌプリ・イワオヌプリ・ニセコアンヌプリ・羊蹄山
方向を撮影したものです。残念ながら、一番奥の羊蹄山は頭の
部分を雲で隠していました。それ以外はバッチリの眺望です。



こちらは手前の丸く頭を見せているのがシャクナゲ岳で、奥に
は目国内岳が見えていますよ。ここからシャクナゲ岳まではす
ぐに到着できそう。でも、今日はここまでにしておきました。

そうそう。チセヌプリの良いところ発見です。この山は、天気に
恵まれると日本海と太平洋の両方の海を眺めることができる
山なのです。山の位置が丁度いいのですね~っ。この日もバッ
チリ、両方の海を見させて貰いました。

小粒でも、サクッと美味しい、チセヌプリ。でしたぁ~っ。
その他の写真は、いつものように小出ししていきますね~っ。
(^_-)-☆

コメント

Memuro512 さんの投稿…
隊長さん こんばんは
チセヌプリ-シャクナゲ岳は昨年のちょうど今頃行ってきましたよ。最後は雹に降られて、ダッシュで下山したんですけどね。それにしても、こっちからだとなんてったって遠いもんで、朝2時に出発して、下山後1泊必要でした。ニセコの山って、気軽にダイナミックな楽しみ方ができるところが多いみたいでいいですよね。なかなか出向けませんが、いつぞやも書いた通り、定年退職後に楽しむエリアとして、今から勉強しておきますんで、バシバシレポしてくださいね。楽しみにしてます。
隊長 さんの投稿…
Memuro512さん、こんばんは。
そうですよね。そちらからだと、ニセコは遠い山ですよね。

私にしてみると、ニペソツは遠い山、雌阿寒岳とかになると、1泊2日は当たり前、下手をすると2泊3日の遙かなる山です。
北海道は大きいなぁ。
お互い、今後も山の知識や情報を補完し合えれば、より幸せになりますよね。
体の続く限り、レポ、頑張りま~す!
(^o^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)