ユニ石狩岳 その7

啼兎園からかなり上に登ったガレ場付近。ここは数年前、秋に
訪れ、冬を前にナキウサギ達が人の目を気にする場合じゃな
い程、忙しそうに食事をしていた様子が観察できたポイントだ。

ポイントに到着し、鳴き声を聞く。すると、登山道側からは見え
ない奥の方で鳴いているようだ。仕方がない。バックパックを
デポし、カメラのみを持ってガレ場を奥に進み、ナキウサギを
狙い撃つことにした。

しかし、待てど暮らせど、視界にはナキウサギが姿を現さない。
快晴の太陽の光はジリジリと肌を焼く。眼も眩しい。そして、そ
れ以上に厄介だったのが、虫たちの来襲。気がつくと、花アブ
が全身を覆い尽くしている状態ではないか。腕にもカメラにも
無数の花アブである。

防虫スプレーはしている。でも花アブには効果が無いようだ。
それにしても何故こんなに群がってくるのだろうか?考えた...
そうか、ポカリスエットを飲んだからだ。その甘い香りに誘われ
てやって来るのだ。ということは...防ぎようがないのだ...



ガレ場に粘ること40分経過のその時、ナキウサギは右下方
の岩の間だからその姿を現してくれた。シャッターチャンスだ。
連写モードにしていたデジイチのシャッターを連続で切った。



時間にして12秒ほどの出来事だった。ナキウサギは私の40
分間の努力に応えてくれたのだ。感動。この後、ナキウサギは
他の登山者の気配により、小さな警戒音の『ピキッ』という声を
発して岩の間に姿を消した...

運が良かった。今回もその可愛らしい姿を、かなり近い距離で
観察することができた。警戒するときの体の動き、耳の動き、
そして何より真剣な目。自然の中で生きていくことは厳しい。
ナキウサギも、この自然の中で真剣に生きているのだ。

この撮影のあと、私はガレ場を後にし、ゆっくりと下山を開始し
た。満足感に満ちあふれながら歩いていた。この先で、違った
動物達との出会いが待っているとは思ってもみなかった...
(^o^)

コメント

takka さんの投稿…
隊長さん、こんばんは~
すっかり元気になったようで良かったです!
山が更に元気をくれたことでしょうね(*^_^*)
なきうさぎに会えて羨ましいな~
ほんと可愛いです。
コマクサの写真、とっても綺麗!
お気に入りです♪
隊長さんの勇姿も綺麗な山たちをバックにとてもいい写真ですね
私は日曜日、余市岳に行く予定です。
久し振りなのでとっても楽しみ♪
隊長 さんの投稿…
takkaさん、こんばんは~っ!
はい、元気になってきました。
というか、山に元気にさせられてきました。
山が私に『来い、来い!』って言うので...
(^^)

ナキウサギは、粘り勝ちでした。
あまり闘志をみなぎらせても、ナッキーにはきっと分かっちゃうのです。
だから、『自分は木、自然の一部...』みたいな気持ちで待ち続けて撮影できたのが、この2枚のナッキーなんです。
本当に嬉しかったですよ~っ!

takkaさんは余市岳に行かれるのですね。
余市岳、いい山ですよね~っ。
私も大好きです。
行ってきたら、感想を聞かせてくださいね。
(*^_^*)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ