SIRIOの登山靴の修理が上がりました



今日は本格的な雨が降り続いています。気温もこの時期として
は低い気がします。なんだか夏っぽく無いなぁ。

写真は、昨日の旭岳で撮影したエゾコザクラですよ。可愛いで
すよね~っ。背景は旭岳ですよ。



ところで、秀岳荘の本店から電話があり、1ヶ月前に修理依頼
をしていたSIRIOの登山靴が届いたとのこと。早速、引き取り
に行ってきました。お値段は1万500円なり~っ。

自宅で名機オリンパスE-1を片手に撮影です。お~っ。見事
に新品のビブラムソールが装着されています。これはなかなか
感動ものです。履き古しの靴に新品のソールです。登山靴には
この古さ、年期が大切なのでありま~す。



さてさて、修理状態を詳細に見てみましょう。登山靴に大切な
のは、その信頼性です。万が一でも、ソールが靴本体から剥
がれるようなことがあれば、それこそ命にかかわります。故に
その接着面の信頼性は最重要。

上の写真を見ると分かりますが、ソールと本体は少し大げさな
くらい大量の接着剤が使われていました。靴本体の下部はサ
ンドペーパーをかけたような痕跡があり、そこにも防水性を確
保するためか、接着剤が多めに塗布されていました。これなら
ば完璧だと思われます。



更に、登山靴で一番傷みやすい先端部を見てみましょう。この
登山靴は先端部が樹脂でカバーされているタイプで、その樹脂
とソールの接合部分も入念に接着されていました。これならば
防水性はしっかりと確保されていると思います。

う~ん...この修理、だてに1ヶ月かかる修理ではありません
でした。新品を購入すると3万6千円くらいだったかな。その靴
が1万円で延命できるのであれば、最初に良い靴を買っておく
ことは、結局お得になるかも知れないと思った次第。

このSIRIOですが、先ほど少し濡らした雑巾で綺麗に拭き掃除
をしました。いまは陰干し中です。天気が回復したら、外でゴア
テックス用の防水スプレーを全面に吹きかけ、防水性を持たせ
ようと思います。それが終わったら、また一緒に山へ出かけま
す。うん、またこの相棒と山に行けることは、とっても楽しみで
~す。
(^o^)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)