羊蹄山 3

皆さん、こんばんは。今日は日中、暑くなかったですか?私の
職場は冷房が入っていないので、メッチャ暑かったですよ~っ。
エコなのか、エゴかのか、良く分からんです(笑)。



さてさて、続きです。
10:20、花を見ながら亀歩きをしているうちに、なんとか山頂
に到着しました。久しぶりに見るお鉢です。雪が残っています
ね。でも、少し少ないかな。



山頂に到着した直後は、団体さんご一行の記念撮影ラッシュ
があり、私のような単独組は団体の嵐が通り過ぎるのを離れ
た場所から待っている状態でした。もう、『わ~っ!』、だの、
『きゃ~っ!』、だの、大騒ぎ。賑やかな山頂ですぅ~~~っ!

そんな時間を利用して、こちらは写真撮影です。やっぱ羊蹄山
の醍醐味は、雲海でしょう! ってことで、雲海撮影。



いつもここから雲海を見ると、飛行機に乗っているかのような
錯覚に陥ります。そして、上の写真のような雲海がすぐ目の前
にあると、ど迫力です! この瞬間、『あ~っ。この山は凄い』、
と思うわけです。



団体さんフィーバーが治まったのが20分後くらい。そこから単
独の我々が大人しく山頂標識の周辺で撮影開始です。青空と
山頂標識。カッコイイ~ッ! ヽ(^o^)丿



そして、単独者同士で撮影をし合う訳です。今回は逆光での露
出補正がバッチリ決まって、いつものようなシルエット・マンにな
らないで済みました。上出来、上出来。

実はこのとき、少し焦っていました。というのは...そう、この
立ち位置から登山道方向を見たら、また次なる団体さんがもう
目の前に接近していたのです(笑)。うひゃ~っ。団体パワーに
飲み込まれる前に撮影終了~~~っ!

この後、山頂から下方向に離れ、昼食タイム。の~んびりとお
にぎり3個、いただきました。食事のあとは、全身のストレッチ
運動を一人、山頂で行う私。下山も長丁場になるので、念には
念を入れる訳です。腰痛をやる前は、こんなことしなかったなぁ
~っ。アハハッ。(^_^;)

それでは、次回からは高山植物の花写真、掲載しようかな。
(#^_^#)

コメント

Memuro512 さんの投稿…
隊長さん こんばんは
羊蹄山だったんですか、私、未だ未踏の山です。だって、ここから行くとなると2泊3日は必要なんですもん。定年退職後の山と目下決めております。
さて、山頂は快晴・雲海・花と、山登りの醍醐味を全て凝縮したような、実に羨ましい山紀行文でした。特に雲海の写真が気に入りましたよ。団体さんの件は、ま、いたしかたないでしょう。それにしても、長らく慎重に構えてたのが、ここにきていい方に転がったようですね。無理なさらずに、またステキなレポを期待して待ってます。じゃあまた。
隊長 さんの投稿…
Memuro512さん、こんばんは~っ!
そうなんです。羊蹄山なんです。
自動車で2時間程度の距離にあり、しかも大きい山といえば羊蹄山。という訳です。
独立峰で別名、蝦夷富士。
見て良し、登って良しの名峰だと思います。

Memuro512さんから見ると、遠くて憧れの山なんですね。
私が数年に1度しか登れないトムラウシ山とかと同じなんでしょうね。
お互い、住んでいる地域が離れているので、憧れの山が異なるから、返ってお互いのレポートが新鮮かも知れませんね。

明日の朝は羊蹄山の花編をスタートします。
お楽しみに!
(^o^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)