イチャンコッペ山でイヤ~ン!



起床してみると空はどんより曇り空。そして今にも雨が降り出しそうな雰囲気。でも家に居るのも勿体ない。いざ出動、ということで、支笏湖の近くから登るイチャンコッペ山にやってきました。
写真は登山口のあるヘアピンカーブが背景に写っています。



ここの山は、登山口からいきなりの急坂。本当なら支笏湖を見ながら登る山も、どんよりした雲で全然視界が無く、しかも湿度が高~い。『あじ~っ(暑い)。あじ~よ~っ』、な~んて思いつつ登っていると、足下に変な物が。『んっ?なんだ?このキノコ。きもっ!』 帰ってから調べたところ、多分、ウスタケ。毒キノコ様でありま~す。



登坂を続けていると、後ろから2名登場。『こんにちは~っ』、と挨拶をしつつ抜かれる。こちらは撮影。登山道に横たわる倒木に植物の葉と花。背景には雲のガス。なかなか幻想的...



どんどん登る。この方向は、本当なら支笏湖が...でも真っ白なんだよね~っ。私、更に登ると...『おっ、笹藪が濃くなってきたな』、藪こぎでズボンはベチャベチャ。おっ?先に行っていた2名さんが戻ってくる。撤退なんだね。

そして...こちらは藪こぎ継続中。藪こぎ中は、こんな感じ。
『うおっ、またダニが足に!』、『うおおおっ、今度は3匹も!』、『ぐおおおっ、またまた2匹!!』、ってな感じで、ちょっと歩くとすぐにダニが足をモゾモゾと登ってくるという、まさにダニ地獄。

『こっ...これは...』
『.........』
『....................撤退!』 (-_-;)


撤退中も、藪こぎでダニと格闘。『ぐおっ、こんにゃろ!』、の繰り返し。この時期のイチャンコッペ山はヤバイ! これ、教訓!



とまあ、ダニ、ダニ、ダニ、またダニ。って感じのイチャンコッペ山を下山して、温泉で疲れを癒して、あんかけ焼きそばを食べて帰宅となりました。

途中撤退で、ダニダニ、景色無しでしたが、意外と面白かったイチャンコッペ山でありました。これで面白いと思えるのだから、かなり山バカかも...花は続きで。
(^o^;)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)