投稿

5月, 2008の投稿を表示しています

オオヤマオダマキに出会っちゃいました!

イメージ
ただいま。今日の山行は大感激な山行でした。もちろん、写
真の花が見られたからですよ。この花は、オオヤマオダマキ(
キンポウゲ科)[大山苧環]です。なかなかこのような花が咲く
環境が少なくなっているのか、見る機会がすくなくなってきてい
ます。

どこに登って来たのかって?じつは...曇り空で風も強かった
ので、遠出することはしませんで、近場の銭函天狗岳に登って
きちゃいました。今年、二度目の銭天ですよ。

天気がイマイチだったせいか、登っている人も少なめ。静かな
山登りになりました。相変わらず登山道の両脇には様々な花
が咲いていましたよ。銭天は花の種類が多い山なのですね。

あっ。そうそう。今日は運動会が行われているところが多かっ
たようですよ。雨は降らなかったですが、気温の低さと風の強
さに相当参ったかも知れませんね。運動会に参加したみなさん
、お疲れさまでした。
(^_^)

...ということで、どこにも向かっていません

昨夜は散々、どこに登ろうかと悩んだ挙げ句の果て、結局のと
ころどこにも向かっていなかったりして...(笑)...

やはり曇り空と風の強さは萎えますねぇ。今日は近場で健康ウ
ォーキング程度がよろしいかも。なんてヘタレなことを考えてい
ます。

旭川地方は午前中、晴れのようですね。そちら方面の方は山
に登っているのかな?うっ...羨ましい...な。
あっ。温泉、行こうかな。
(^o^;)

明日はどこに向かえばいいんだぁ~っ!

イメージ
今週も一週間の仕事が終わりました。さてさて、週末の山行で
すが、どうしたものか。天気予報を見る限りでは、明日の午前
中のみ天気が良さそう。ただし、札幌は曇り...う~ん...

どうやら、明日は北へ向かえば向かうほど天気が良さそう。な
らば...天塩岳?いやいや、あそこは登るのに時間がかかり
ます。しかも明日は寒いようです。5月上旬の気温だそうです。

困ったぞ。本当に困ったぞ!(苦笑)
(^_^;) ...写真は黒松内のブナ林ね。

今朝も青空。でも土日は?

イメージ
さあ、金曜日がやってきました。今日の11時発表の天気予報
が非常に気がかりです(笑)。それ次第では、登る山や方向が
変わるのです。場合によっては登山断念の可能性すら...
う~む。天気予報、大注目です。

今朝の花は、これまた百合が原公園の温室で撮影した花です。
残念ながら、名称を記入した札が見あたりませんでした。なの
で、花の名称は分かりません...ゴメンナサイ。撮影テクニッ
クのポイントとしては、背景に温室の照明を入れて構図を取っ
てあります。これにより、単調な花写真に変化をもたらしている
“つもり”です。

そうそう。昨日、職場に同僚が赤ちゃんを抱っこして来ていまし
た。可愛いなぁ~っ...和みますね、赤ちゃんって。あと、これ
また産休から復帰した同僚の赤ちゃん写真をケータイで見せ
てもらいました。うん、うん。頑張ってね、新米ママさん!
(^_-)

かわいいスズランが咲いていたよ

イメージ
今日はスズランを撮影してきましたよ。やはり温室に咲いてい
るスズランよりも、外で咲いているスズランの方が可憐で綺麗
に見えました。なによりも、のびのびと咲いているのが素晴らし
い。単に咲いているのとは訳が違いますよ。生命力に満ちてい
ます。

使ったカメラは、Panasonic DMC-LX2。木道から手を伸ばし、
ちょっと込み入った体勢で撮影をするには最適です。この写真
も実は片手で撮影しているのですよね。上手でしょう?!(笑)

そうそう。天気予報を見たら、土日は曇りマークになっていまし
たよ。『え~っ?!マジかよぉ~っ!』って感じです。もしも曇り
だったら、近場の低い山でもテクテクとゆっくり歩きたいです。
花の撮影なんてしながらさっ。
(^_-)-☆

今朝の手稲山

イメージ
今朝は手稲山の稜線がちゃんと見えています。ということは、
それほど天気が崩れないってことかな。子供の頃から手稲山
を見てきているので、自然と分かっちゃうのですよね。

朝刊にガソリン小売価格が170円台になると書かれていまし
た。どんどん上昇しています。そして新聞をめくっていくと...
札幌トヨタが週末、ハイブリッド車の体験試乗会をするとか。
おっ。行ってみようかな。
(^_^)

ハイブリッド自動車の時代だと思う

イメージ
今日も職場で想定外のことが発生。う~ん...毎日、退屈しま
せ~ん(苦笑)。(今夜の写真は、“マメ科 アメリカデイコ”です
よ)

昨夜は豪勢な夕食をしたため、昼食はおにぎり2個だけですま
せました。このメリハリが無くなると、メタボリックへと転落してし
まいそうです。今夜も運動、少しやらなきゃ。

ここのところ、ガソリン価格の話題は敢えてしていませんでした
が、もう我慢なりません。今夜はガソリン絡みの話題をします。
だって、来月からまたガソリン価格が1リッター10円ほど上昇
するらしいじゃないですか。

この調子でいくと、5年後にはレギュラーガソリンが1リッターあ
たり200円を軽く突破するとの予測をしている自動車アナリス
トがいますよ。いやいや、それでは甘い。5年後のガソリン価
格はレギュラー380円、ハイオク420円と予測している方もい
らっしゃいます。

すでにCO2排出削減、化石燃料の枯渇、燃料電池技術の向
上、電気自動車の実用実験開始、などなど、アンチ・ガソリン
、アンチ・化石燃料の波は、避けようがない状況に差し掛かっ
ていると見ました。アラブ諸国だって、馬鹿じゃないですから、
どんどん原油を増産して、自分たちの資源を早々に失うような
愚行はしないでしょう。だから価格は低下しないと思います。
また、巨大需要として大国である中国やインドが存在していま
すしね。

そうなると、普通の内燃機関エンジンが搭載された自動車を乗
るなんて、わたくしの選択肢からは外れてきますよ。だって、移
動するために車を買っているのに、燃料代が負担になって、乗
ることがはばかる状況って、これ、おかしいでしょう。自動車を
買う意味が無いですよ。

だからもう決めました。次に買う車は、次期プリウスのようなリッ
ターあたり40kmほど走行できるカタログスペックを持っている
自動車か、ホンダが来年に発売予定をしているというハイブリッ
ド専用車。これもリッターあたりカタログスペックで30kmほど走
行でき、しかも200万円ほどで購入できるそうです。

ただし、この両車は前輪駆動車。FFです。4WDが欲しいところ
ですが、スタッドレスタイヤの性能向上が著しいので、この点は
実際、問題にはならないと思います。現に、わたくしの愛車ノア、
冬に数日間、FF走行していても全く大丈夫でしたし。

あとは...各販売店から、省燃費なハイブリッド車が出るとい
いのですが...わたくしのお世話になっ…

チシマキンバイですよ

イメージ
おはようございます。いま6時過ぎ。窓の外は真っ青な空。
今朝の花はチシマキンバイです。黄色い花が柔らかそうでしょ
う?幸せの黄色い花。って感じですよね。

今日から職場の部下が産休に入りました。少なくとも1年は休
みになると思うと、非常に寂しいですね~っ...病気でお休み
している人もいますし、本当に寂しい限りです。
(´。`)

今宵は仲間と誕生日祝い♪

イメージ
円山のとあるお店で、いつもの仲間の誕生日祝いをしてきまし
たよ。プレゼントで盛り上がったり、食事をしながらの会話で大
笑いしたり、本当にいつもいつも腹筋を鍛えてもらっています。
皆さん、ありがとうございます。

今日の食事は、上から左、右と順番に、白魚の酢の物、ホッケ
のカルパッチョ、アサリとウニの焼き物、鮎と山菜の炭火焼き、
せいろ蕎麦、ストロベリー・ジェラート、ですね。写真のほかに、
厚田の豚ステーキ、豚しゃぶ、な~んてのも出ましたよ。

いずれにしても、た・べ・す・ぎ...です。明日は粗食で過ごさ
なきゃ...
(^_^;)

屋久島って山だらけ

イメージ
雨ですね~っ。今週は雨模様が多くなるのかな?
今朝の花は、“シュウカイドウ科 木立ベゴニア‘ミセス ハシモ
ト’”です。随分とおもしろい花の名称ですよね。きっと、ミセス
ハシモトさんが作った花なのでしょうね。

いま屋久島について勉強をしているのですが、屋久島って山が
たくさんあるのですね。九州最高峰1,936m宮之浦岳、黒味
岳、モッチョム岳、太忠岳、投石岳、坪切山、永田岳、高盤岳、
七五岳、割石岳、栗生岳、国割岳、愛子岳...そんなものだ
ったかな...

とっ、とにかく凄いですね。全部登るのって、何日滞在すると可
能なのだろうか...行ってみたいな。いつになるか見当もつか
ないですけれどね。
(^_^)

曇ったり~...雨が降ったり~...

イメージ
今日は日中、晴れ間が覗いたり、曇ったり、雷鳴が轟いたり、
雨が降ったりと、クルクルと天気が変化していましたね。週間
天気も周期的に変わるようですよ。しかも、寒くなりそうです。
体調管理が難しい状況ですね。皆さんも要注意です!

仕事帰り歩いていると、パン屋さんの前を通りがかっていると
...美味しい香りに負けて、ついつい店内に...焼きたての
パンを買ってしまいました。

よく焼鳥屋さんは煙を店の外に出すとお客さんが来る、とか言
いますよね。あれ、分かる気がするなぁ~~~っ。出してはい
けない香りもあるけれど、出しても良い香りもありますよね~っ。

今宵の写真は百合が原公園の温室で展示されていた作品で
す。小さな鉢植えの中に、山の植物が綺麗に配置されていて、
小さな小さな山の中。って感じでした。すごいなぁ~っ......
(・o・)

スズランの季節ですね

イメージ
5月末~6月中旬は、スズランの開花時期ですよ。札幌市東区
の百合が原公園温室にも、可愛いスズランの花が咲いていま
した。

小さくて、白くて、可愛いですね。緑色の葉も綺麗です。日高の
山に登ると天然のスズランを見ることができますよぉ~っ。
そういえば、しばらく日高の山に登っていない気がしますよ~っ。
(^^)

暖かい季節に‘スノーホワイト’は如何?

イメージ
今朝の花は“ブーゲンビレア グラブラ ‘スノーホワイト’”です
よ。ブラジル原産のつる性花木で、花のように見えるのは苞(
ほう)と呼ばれる葉の一種で、その中で小さく咲いているのが
本当の花なんですって。なかなかつかみ所のない、撮影が難し
い花でしたよ!

昨日からお届けしている花の写真ですが、すべて旧式のデジ
タル一眼レフである、オリンパス E-1で撮影したものばかり
です。最新が最良、というデジタルの世界ですが、まあ、例外
もたまにはありますよ。という一例がこれですね。500万画素
しか無い写真機ですけれど、不思議な魅力があるのですよ。

そんな不思議な魅力ですが、写真を通して皆様も感じてくれれ
ば嬉しいです!
P.S SONY“ハンディカム”「TG1」いいねぇ~っ。欲しいなぁ...
(^_^)

雨の日には温室散歩で花撮影♪

イメージ
やっぱり外の空気を吸ってこよう。ということで、またまた札幌
市東区にある百合が原公園の温室にやってきました。おっ、
期待通り花盛りですよ。最初の花は、“バーガンディ”という名
前だそうです。これって色の名称ですよね?



ここかさ先の花は名称の札がついていなかったので不明です
よ。でも、どれもこれも可愛らしい花ばかりです。今日の撮影
では、太陽光が弱かったので、ISO200に固定して撮影して
います。WBは5300K(ケルビン)、いわゆる晴天時のWBで
固定しています。



それと、今回は背景に写り込む状況も考えつつ撮影していま
すよ。上の3枚の写真は、花がたくさん咲いている様子も写し
込むことを意識して撮影してみました。特に2枚目、3枚目の
写真はうまくいっていると思いますよ。



最後のこの写真は、たくさん咲いていた花の中から一輪だけ
切り取らせてもらいました。繊細な感じの紫色の花びらと、黄
色い花粉がいい感じだと思います。背景の緑は狙ってみまし
たよ。あと、今回の写真は1600×1200ピクセルの高解像
度でアップロードしておきました。

もう少し違う写真も撮影してあるので、それらの写真はまた後
でアップロードしますね。お楽しみに...
(^o^)

自宅で過ごすべきか、外出すべきか...

イメージ
天気予報通り、今日は雨が降るあいにくの天気になりました。
昨日、塩谷丸山で超ハードに過ごしたせいか、いまは足腰が
疲れ気味ですよ。そのようなことなので、今日はどちらにしても
山行は無理ですねぇ。とはいえ、家の中でジッとしているのもど
うかと...植物園でも行ってみようか、どうしようか...
(^_^)

塩谷丸山タイムトライアル

イメージ
朝寝坊をしてしまった今日、さて、どうしようかと考えた末、やっ
ぱ人間、“シャキッ”としないといけません! と思い立ち、塩谷
丸山に向かいました。今日の目的は、体力強化。それと塩谷丸
山を何分で登り、何分で下れるか、タイムトライアルをしてみよ
う!ってことですよ。頸椎症なんてぶっ飛ばせ!! です(笑)。
かなり過激な企画ですよぉ~~~っ。まったくもう、アホですね。

10:40 タイムトライアル開始。最初は足腰が温まり、呼吸が
落ち着くまで慎重に早歩きします。



10:42 おっ。真っ黒いエンレイソウだ!撮影するも手ぶれ。
タイムトライアル(TT)中ですから仕方がありません。ここからド
ンドン登る。先行者をガンガン抜く。汗が噴き出す。吹き出した
汗の量だけアミノバイタルを飲む!かなり呼吸も“ゼーハー、ゼ
ーハー”であります。『へこたれるな!足を休めるな!登れ、こ
の足、こんにゃろ!』と、自分との闘いです...



11:21 山頂が見えました。『あとひと登りだ。ちくしょー、40
分もかかっちまった。』と、少々悔しい気持ちのわたくし...



11:24 塩谷丸山の山頂に到着。所要時間、44分です。やっ
ぱ30分で登るのは無理か?山頂はかなりの人で賑わってい
ます。



11:32 いちおうセルフタイマーで記念写真でも撮影しておこ
うかな。ってことで、岩にカメラを置いてポーズ。さてさて、いつ
までも休んでいられませんよ。なんてったって、タイムトライア
ルですからね。



11:35 山頂から海側の写真を撮影して、さあ、下山開始で
す。山頂付近の岩場を慎重に下り、そこを過ぎたらダッシュで
す。すれ違う人たち、皆、わたくしが抜いてきた人たちです。目
を丸くしているのがおもしろいなぁ。若い大学生パーティーの先
頭の女性が、『きゃ~っ!お速いですね~~~っ!!』と声を
かけてくれました。アハハッ。

そんな声援を受けつつ、走る、走る、走る!とにかく転ばない
ように注意しつつ走る!



11:58 塩谷丸山下山終了(写真の方々は抜き去ってきた人
ですよ)。下山の所用時間、23分です。
登りで44分、下りで23分の所要時間。合計1時間7分でした。

山頂休憩も入れた総所要時間は1時間18分。はぁ~~~っ。
1時間の壁は厚い...下山完了時は、さすがにフラフラになり
ましたよ~っ。でもかなりの充実感。こんな山遊びもたまには
いいかもね。



今回の塩谷丸山タイムトライアルで分かったのは、…

早起きに失敗!

イメージ
早寝をしたのにもかかわらず、早起きに失敗するとは、これは
いったい...(苦笑)...きっと体が睡眠を必要としていたの
ですね。そういうことにしておきましょう。無理は禁物ですよね。

とはいえ、今日も少しは体を動かしておきたいことも事実なん
です。先週の恵庭岳で体力が落ちていることが判明しましたか
らね。少し鍛えておかなければ、大きめの山で体力切れを起こ
しかねません。

近場の山で、スロースタートでも登ることができるところ。といっ
たら...アハハッ。色々と考えつきますね。また夕方か夜に、
結果を書き込みしま~す。
(^_-)-☆  ※今日の写真 : 2004年 羊蹄山山頂から洞爺湖

明日はどこに登ろうかな...

今夜は久しぶりに写真無しにしてみようかな。ワンパターンを
打破!とかなんとか言って、面倒なだけだったりする...(笑)

今日は雑誌BE-PAL 6月号をコンビニで購入。特集は屋久
島。あ~っ...屋久島に行きたいなぁ。しかも2週間くらい、ゆ
っくりと探検して歩きたいです。

来年の4月をもって、サラリーマン生活20年。これを記念して、
2週間くらい休んで屋久島で過ごしてみたいなぁ。な~んて夢
があったりして。いや、別に屋久島じゃなくてもいいけれど。

ヨーロッパアルプスの麓で2週間でもいいなぁ。あ~っ...箱
根温泉1週間でもいいや。と、どんどん夢が縮小していくのは、
いったいどうして?って感じ~~~っ(笑)。

あてのない、列車の旅でもいいなぁ。う~ん。なんだかなんでも
いいから、ほっつき歩いて、温泉に入って、山に登れるといい
な。そんな旅がしてみたいです。20周年記念行事としてね。

夢は広がりますぅ~っ。このBE-PALをぺらぺらとめくって眺
めている時間が、実は一番幸せ...なんていう小市民な自分
なんだろうか...

あ~っ。もう。なんだか訳が分からなくなってきましたよ!(笑)
もう今宵は早寝して、起きたときの気分でお出かけするとしまぁ
~す。おやすみなさぁ~~~い。
(-_-)゜zzz…

2004年 恵庭岳からの支笏湖ですよ

イメージ
今日のお昼は2004年の夏、樽前山に登った帰りに、おかわ
りで恵庭岳へ登ったときの写真ですよ。第2見晴台からです。
支笏湖って...昔も今も、綺麗な湖ですよ。
(^^)

原油高が止まりませんね

イメージ
毎日のようにニューヨーク先物取引市場の動向を見ています。
理由は原油の価格がガソリンなどの価格に影響するからです。
いま135ドル/バレルほど。う~ん...年末にはレギュラーガ
ソリンの価格が170円後半になっていたりして...

ガソリンにお金がかかっても遊びに行きたいのがわたくしであ
ります。しかしながら、そうは言っても現実にはお金がかかりす
ぎですねぇ。いままでの自動車よりも、遙かに高効率な自動車
に乗れば、安いコストで遊びに行ける訳でして。

たとえば、トヨタ車で考えますと、カローラとプリウスとでは燃費
が2倍ほど違いますよ。2倍違えばまったく世界が異なります。
次はハイブリッド車を選択するしか無い状況かな...あっ、今
日の写真は昨夜に続いて2004年の樽前山から撮影した支笏
湖ですよ。これは山頂からの撮影ですよ。
(・_・)

2004年の支笏湖は青かったぁ~っ♪

イメージ
ふうっ。今日もお仕事はいろいろありまして。お疲れさまでござ
います。と、自分に言ってあげたいです(笑)。

わたくしの本日、帰宅後のお楽しみは、週刊マンガ雑誌1冊、
週刊パソコン雑誌1冊を熟読することです。これでかなりリフレ
ッシュされますよ。まったく、単純なものですねぇ...

その他の自宅でできるリフレッシュ方法としては、そうですね、
緑茶を飲むとか、DVDを見るとか、ごろ寝するとかでしょうか。
一番効果的なのは、ごろ寝かな...

さっ、雑誌読まなきゃ。雑学、雑学...
あっ。今日の写真は2004年に樽前山から撮影した支笏湖で
すよ。古い写真だけれど、いいでしょう?綺麗だったので、とっ
ても大きなサイズでアップしておきました。楽しんでくださいね。
(^^)v

これは何の花だったかなぁ...

イメージ
銭函天狗岳の9合目付近(多分)で撮影した花写真です。確か
木に咲いていたような...だとしたらツツジの仲間でしょうか。

背景をボカシて撮影をすると、柔らかい写真になる反面、葉や
茎が写らないので、後から花の名称を調べるときに困ります。

う~ん。芸術を求める写真と、学術写真の違いがありますね。
(・-・)

筋肉痛は治ったようです

イメージ
今朝は薄曇りの天気、この調子で週末は晴れ間が見られるよ
うになってくれると嬉しいですね。

今朝の写真は銭函天狗岳のロープが張られている急斜面です
。この手の写真撮影でわたくしが良く使う手法は、自分の足を
入れて撮影すること。誰かほかの人が写っていると、斜面の傾
斜具合が良く分かるのですが、そうでないときは自分の足の出
番です。でも、これでもどの程度の傾斜か良く分かりませんね。
写真左から右へ下っている写真ですよ。

銭天、恵庭の足の筋肉痛はやっと抜けきった感じです。これで
また活動ができそうです。ただし、ブヨに噛まれた部分はカサブ
タになっていて、まだ完治していませんね...もう少しかかりそ
うです。できればブヨのいない山登りがしたいのですが...

いま時期、ブヨ・蚊のいない山登りなんて、無理でしょうかね(笑)。
(^_^;)

頭から煙り出しているんじゃないかな~っ

イメージ
本日は、職場の仲間が某大学のパネルディスカッションで講
演なんです。この時間、まだやっているはずです。今ごろ、この
恵庭岳の噴煙のように、頭から煙り出しつつ頑張っているんじ
ゃないかなぁ~っ。ちゃんとやっているかなぁ~っ...それにし
ても、そういうことができる人、とっても尊敬です。

わたくしもそうですが、職場で頭から噴煙を上げ仕事をしてい
る人、結構多く見受けられますぅ~っ(笑)。でも考えてみてくだ
さいよ。噴煙が上がらないということはですよ、火山活動が休
止しているということですよ~っ。やっぱ、噴煙が上がっちゃう
こと、大切なんですよ。そう思います。

今夜の話題は...『なんのこっちゃ。』って感じでしたかね?!
(^o^)

『山に登らねばならん』

イメージ
今朝は曇り空、いまにも雨が降ってきそうな感じです。夕べは
思ったほど雨が降らなかったです。ほかの地域はどうだったの
かな。

銭函天狗岳を登ったとき、麓に山小屋がありました。“銭天山
荘”なる名称の山小屋です。こういう建物がある山ということは
銭函天狗岳は愛されている山なんだな。と思いました。



その“銭天山荘”の外壁にこのようなものが。『銘 山に登れ 
山に登れ 山に登らねばならん』 と。

う~ん、そうですか。山に登れ、というところまでは素直に読め
たのですが、山に登らねばならん、というところはちょっとビッ
クリというか、『...重いな...』、と感じました。現場でこれを
読んだときには、『えっ?そっ、そうですか...』と思わず笑っ
ちゃいました。まあ、山だけのことではないのかも(笑)。
(^_^)

今日も物療。頑張らなきゃね!

イメージ
今日も職場は色々なことがありました。ここは体を維持して出
勤し続けることが大切なので、物療に通ってきましたよ。まだ
首が痺れているような感じです。電気治療、強すぎたかな?

最初の写真は、恵庭岳の頂上から撮影したオコタンペ湖です。
実際はもう少し湖面の色が薄い感じに見えたのですが、写真
的にはコントラストがハッキリした方が見栄えするので、少しだ
けコントラストを強調しています。支笏湖といい、オコタンペ湖
といい、綺麗な湖ばかりです。北海道はいいところですよ。



この写真はミヤマスミレか、その仲間ですね。この花もたくさん
咲いていましたよ。1cm~1.5cmほどの小さな花です。こん
なに大きく写されるとは思ってもみないでしょうね(笑)。

そうそう。北海道地方は今夜から明日にかけて雨が降り続くよ
うです。農家のみなさま方の、恵みの雨になる程度であれば良
いと思っています...
(^_^)

ライラックも咲いてるよ~っ♪

イメージ
最近は、お昼休みに自動更新するのがおもしろいので継続中
です。掲載写真が無くなってきたら即終了ですけれどね(笑)。

ということで、今日のお昼休みにお送りするのはライラックです
。この花も銭函天狗岳から下山したあと、公園に咲いているラ
イラックを見つけて、あっちウロウロ、こっちウロウロしながら
撮影した写真です。

このピンク色というか、薄い紫色っていうか、なんだか綺麗...
(^_^)

わたくし達だって、花の王道だい!

イメージ
おはようございます。今日は雨の予報ですが、まだ本格的には
降っていないようです。これからかな?

毎度毎度、高山植物などの写真を掲載していますが、やはり花
の王道といいますか、子供の頃から親しんでいる花の代表選手
はタンポポですよね。この花を無視してはいけませんね。見てく
ださいよ、この可憐な花を...改めて見てみると、とっても綺麗
ですよね~~~っ。



その黄色い綺麗な花がですよ、なんとこんな“ふわふわ”さん
に変身してしまうわけですよ。いやぁ~っ...1枚目の写真と
交合に見てみてくださいよ。まるで違う植物のように見えます。
凄いですよね...

この2枚はですね、銭函天狗岳を下山してから、手稲山付近の
公園で撮影したのです。それもですねぇ...なんとですね、地
面にへばり付いた体勢で撮影...まるで不審者(笑)。

撮影技術としては、この場合、1枚目の写真は外周部の花粉
部分、花の専門用語で“葯(やく)”にピントを合わせています。
2枚目は“ふわふわ”した毛の外周部分にだけピントを合わせ
ています。こうすることによって、花びらや毛の柔らかさを表現
しているのですよね~っ。

と、まあ、文字として書くと、たったそれだけなのですが...意
外とピント合わせがシビアでして、息を止めて、目を凝らして、
風で被写体が数ミリ動くだけでもピントがずれるので、揺れの
タイミングを図ってシャッターを切る訳です。まあ、なんですか、
結局は“根性”ですね(笑)。
(O_o)WAO!!!

ブヨの傷跡がかゆ~~~~~い!

イメージ
今夜は、恵庭岳の新緑からスタートしてみたいと思います。天
気も良かったので、なかなか綺麗でしょう?

昨日から調子の悪かった頸椎ですが、本日も物療に通い、牽
引機で10キロ牽引10分間、電気治療で10分間やってきて、
少し楽になりました。今日の電気治療はMaxパワー近くでおこ
ないましたよ。“ビリビリ、ブルブル”です(笑)。



2枚目の写真は、わたくし的には...なんだか美味しそうな写
真。こういうのを山で見ると、『あっ、おひたしの元がなってる!
』って思うのは食いしん坊?

それよりもなによりも、今日、職場で良いことを聞いちゃいまし
たよ。皆さんは既に知っているのかな?あのですね、わたくし、
恵庭岳でブヨに何カ所か噛まれて、その傷跡がかゆい状況で
す。

そのブヨに噛まれた時は、その辺りのフキ(蕗)の茎を折って、
その汁を幹部にグリグリと擦りつけると、噛まれた部分があま
り腫れないし、痒くならないようです。これ、『現代農業』2003年
9月号(発行・農山漁村文化協会/¥800)の中で、虫さされの
特効薬として「フキの茎汁」として紹介されているみたい(インタ
ーネットで検索してみました)。体験談を直接聞いたのですが、
実際にやってみて効果があるようです。

そのほかの方法での虫除けとしては、サロンパスを首筋とか
帽子のツバ部分に貼り付けるのも有効だそうですよ。ほほぉ~
~~っ...どうせまたブヨ君に献血するだろうから、蕗(フキ)
作戦、やってみよっと。

でも...ブヨにやられたその時に、蕗(フキ)が辺りにあればい
いけど...アハハハッ。
(^o^;)

銭函天狗岳と恵庭岳のサンカヨウ

イメージ
今回はサンカヨウです。上の写真は、銭函天狗岳で撮影をした
サンカヨウ。この時は、沢沿いに一株しか見つけることができ
なかった、自分的には貴重な1枚です。見つけた時は、嬉しか
ったなぁ。



2枚目のこの写真は、昨日、恵庭岳で撮影をしたサンカヨウで
す。恵庭岳では、急坂になる前の比較的平らな一帯に群生し
ていました。なので、被写体として撮影する花を選ぶこともでき
ましたよ。

やはり沢沿いで撮影した1枚目の写真の方が、瑞々しい感じ
に見えますね。でも、2枚目の花びらがしっかりと真っ白なのも
素敵だと思いますので、どちらもお気に入りなんです。

花にもそれぞれ個性があるのですね。それも楽しみ方の一つ
でしょうかね。
(^_-)-☆

恵庭岳って、意外と花も見られる山でした

イメージ
春の恵庭岳の印象は、意外と花も見られる山なんだな。ってこ
とでしょうか。いままでの恵庭岳の印象といえば、支笏湖が綺
麗に見られる山とか、急坂でロープ場が大変な山、という感じ
でしたが、これに花が加わるとなると、かなり魅力的です。



上の写真は、恵庭岳で撮影をしたオオバキスミレ(か、その仲
間だと思います)です 。この花も至る所に咲いていましたよ。
その他にも咲いていたので、順次紹介していこうかな。と思っ
ていま~す。

そうそう。今朝はしっかりと筋肉痛です。登坂しているときは、
心拍数と呼吸が極端に乱れないように注意したり、足腰に負
担が過度にかからないように“じんわり”とした足運びをしてい
たのですが、それでもこんな感じです。かなり体が鈍っている
みたいですぅ...

次回は、わたくしの好きなサンカヨウの写真を披露しますね。
今日のお昼に自動更新で見せちゃおうかな~っ。
(^o^)

体が思うように動かないぞ、恵庭岳!

イメージ
こんばんは。それでは本日の山行レポートです。前回ブログで
予告していましたが、今日は恵庭岳に遊んで貰っちゃいました。

4時起床、5時過ぎに自宅出発、6時過ぎに恵庭岳の登山口に
到着です。あれれっ?なんだかわたくし、一番乗りみたいです。

『一番乗りは嫌だなぁ...でもしゃ~ないか。』と思いつつ、準
備を開始。おっ?隣に車が。一緒に登ってくれるのかな?と見
ていると、山菜採りとのこと。笛を鳴らしながら去っていきました
。熊よけ...ね。

登山開始は6時25分。さあ、行くぞ!いきなりユリ科のツバメ
オモトがたくさん咲いているのにビックリ。『おおっ、咲き乱れだ
!こんなに咲くものなんだなぁ...』と思いつつ撮影開始。何
枚か撮影したのですが、綺麗な写真なのだけれど...何かが
足りない...そうだ。早朝なんだから、朝露がついたツバメオ
モトを撮影しないと画にならない。

ひたすら朝露のついたツバメオモトを探しつつ30分ほど経過。
もう半分あきらめていたときに...



発見したもんね~っ。やったね!足下を“じと~っ...”と凝視
しながら歩いていたものだから、疲れるわ、首は痛くなるわ...
この花は日陰にひっそりと咲いていました。朝露は日に当たる
とすぐに消えて無くなっちゃいますからね。貴重です。これで早
朝の山を写真に表現することができましたよ!



あっ。今度は、花に朝露はついていなかったのですが、その手
前の草に朝露の滴が...背景にツバメオモトを入れてぼかす
とアートかもぉ~っ。と思い、登山で乱れた呼吸を整えて撮影。
どうですかぁ~っ?いい感じですかぁ~っ??

その他にも色々と花を撮影しつつ(あとで少しずつ紹介します
ね)、登り続けます。登るのです...が...体が思うように動
きません。足が鉛のように重く、汗が噴き出し、首が痛い...
『こりゃ、ピンチかも。途中撤退かも。ダメかも。でも頑張る!』
『やけにブヨと蚊が来るな。あっ、虫除けスプレーするの忘れ
た...』 とまあ、ダメダメ続き(苦笑)。

『うっ。はぁ~っ。ぐっ。おりゃ!あっ、腕に蚊だ。ブヨだ!』の連
続を小刻みに刻んでいたら...8時18分に第二見晴台へ到
着です。2時間かかっていない...あれ?超体調悪いけれど、
タイムはまあまあ。なんだろう。これ...???



ということで、一人の第二見晴台で見たかった支笏湖を撮影。
『ああっ、イチャンコッペ山から見る支笏湖とは、また違った趣
がある…

ちょっときつかった恵庭岳(ただいま編集中)

イメージ
今日はちょっと早起きをして、まだ足と首が心配なのですが、
頑張ってみよう!ってことで恵庭岳に行って来ました~っ。
これから写真のチェックを開始しま~~~す。あとでアップしま
すね。

写真は銭函天狗岳で撮影のシラネアオイです。これなら分か
るでしょう?(笑)
(^_^)

山の花たちは柔らかく...

イメージ
おはようございます。さあ、今日もどこかにお出かけしたい気分
です。どこに行ってこようかなぁ~っ...



昨日に引き続き、銭函天狗岳の山行レポートです。9:30にE
-1を首からぶら下げて(頸椎症に悪いかな?)登りながらの
花撮影。E-1は相変わらずわたくしの思い通りの柔らかな花
を写し出してくれているようです。うれしいなぁ...
(上の写真はハクサンイチゲっぽいね)



山の森の中は薄暗いです。だからISO200に設定しての撮影
です。このカメラには、いまは常識となっている手ぶれ補正機
能は搭載されていません。この腕、この指、この目だけが頼り
です。だからなかなか難しい撮影になるのですよ~っ。
(上の写真はヒメイチゲ)



約1時間で山頂に到着。おっ。なかなかの大展望。やったね。
ってことで、E-1は任務終了でE-510にバトンタッチ。風景
を撮影していると...
(上の写真はなんだろう?ツマトリソウの仲間?)

海とは反対側の山の上に鉛色の雲が急速接近中。しかもです
よ、“ガラガラッ、ゴロゴロッ!!”と雷の音が派手に鳴っていま
す。山頂に居た人たちと、『これは雷雨になるね!急いで下山
しないとね。』ということになり...

3個持って行ったおにぎりは、なんと1個しか食べないで下山
開始。急げ、急げ!ってな感じ。下山方向は青空、背後は...
鉛色の雷雲。うわっ、あの急なロープ場だけでも雨が降る前に
通過したいぞ!ってなことで、わたくし急ピッチ下山。

なんと山頂から30分で下山終了でした(笑)。熊みたいな下山
(笑)。駐車場で着替えをして、朝里川温泉へ向かう国道走行
中に雨が降ってきました。ふうっ、ギリギリセーフでしたよ。

朝里川温泉では、“湯の花”なる天然温泉に初めて入ってみま
した。入浴料は600円。安いです。脱衣所も浴場も休憩所も
大きいですね。ゆったり入ることができました。お風呂の中で、
手首を見ると...『おっ!ブヨに噛まれたみたい...』。赤くな
っていましたよ。きっと撮影中に献血したようです。
(^_^;)